[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本のPK失点 本田圭佑「僕なら5枚気味にする」「森保さんの指示待ちなところもある」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われた。前半33分、日本はGK権田修一のファウルからPKを献上し、失点。「ABEMA」で解説していた元日本代表の本田圭佑は「どうやって守備を修正するか、それにエネルギーを使わないと」と指摘していた。

ファウルからPKを献上した権田修一【写真:ロイター】
ファウルからPKを献上した権田修一【写真:ロイター】

W杯ドイツ戦、ABEMAで解説

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われた。前半33分、日本はGK権田修一のファウルからPKを献上し、失点。「ABEMA」で解説していた元日本代表の本田圭佑は「どうやって守備を修正するか、それにエネルギーを使わないと」と指摘していた。

【注目】あなたの健康状態を可視化し、健康な毎日をサポートするサービス「FitStats」 今なら登録&利用で全員もらえるキャンペーン実施中

 日本は自軍のペナルティエリア内で、GK権田がラウムを倒してしまってPKを献上。これをギュンドアンに決められて先取点を奪われた。

 本田は「どうやって守備を修正するか、それにエネルギーを使わないと、守れても解決にならないです」とPK前に指摘。ゴールが決まった後は「切り替えましょう、これは仕方ない。でも(守備を)どう改善するかに思考を巡らせたい」と話した。

 状況打開へ「僕やったら…(守備を)5枚気味にする」と守備のシステム変更を提案。カンボジア代表の実質的な監督兼GMとして経験もあり、「どうしても監督視点で考えちゃう。とりあえず選手はやるしかない。森保さんの指示待ちなところもある」と語った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集