[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「何度これに泣いたか」 傾向が同じ“微妙な判定22連発”に米ファンも嘆き

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季リーグ3位の46本塁打を放つなど、長打力を見せつけた。一方、際どいストライク判定を受けた際の反応も、度々話題にあがった。米データ会社は、大谷が受けた際どい判定の22連発映像を公開。「オオタニほどこれに苦しんだ左打者はいない」と脚光を浴びせている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

今季の際どい判定22連発を米データ会社が映像で公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、今季リーグ3位の46本塁打を放つなど、長打力を見せつけた。一方、際どいストライク判定を受けた際の反応も、度々話題にあがった。米データ会社は、大谷が受けた際どい判定の22連発映像を公開。「オオタニほどこれに苦しんだ左打者はいない」と脚光を浴びせている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷ほど注目される選手だからこそ、こんな映像が作られたのかもしれない。左打席に立つ大谷。様々な投手が直球や変化球を投げ込む映像が続けて流れているが、投球は全て外角の際どいコース。画面に表示されたストライクゾーンからは外れている22球だが、これは全てストライクだったという。中には自信を持って見逃したものもあり、厳しい判定の多さが伝わってくる。

 映像を公式ツイッターに公開したのは、米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」。投稿文面には「インサイドではなく、高すぎず低すぎず。でも確実にアウトサイドだ。これらの投球は全てストライクとコールされたもの。MLBでショウヘイ・オオタニほどこれに苦しんだ左打者はいない」とつづった。

 高さはストライクゾーン、しかし外角に外れている球に大谷が苦しめられたという内容。米ファンからは「悲しい。判定が正しければもっと良いショウヘイ・オオタニが見られたのに」「彼は何度これに泣いただろうか」「MLBは早急にこれに対しての処置を取らないといけない」「自分がファンだからそう感じているのかと思ったけど」などとコメントが寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集