[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子「もう少しマシなゴルフを」 前半猛追で17位浮上も反省「スコア崩して悔しい」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で第2ラウンド(R)が行われた。首位と5打差の31位で出た渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギーの68で回り、通算5アンダーで17位に浮上した。会見では「修正して、もう少しマシなゴルフができれば」と残り2日へ意気込んだ。

第2ラウンドを終えて17位となった渋野日向子【写真:Getty Images】
第2ラウンドを終えて17位となった渋野日向子【写真:Getty Images】

渋野は大王製紙エリエールレディス第2Rに出場中

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で第2ラウンド(R)が行われた。首位と5打差の31位で出た渋野日向子(サントリー)は5バーディー、2ボギーの68で回り、通算5アンダーで17位に浮上した。会見では「修正して、もう少しマシなゴルフができれば」と残り2日へ意気込んだ。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 渋野は前半4番パー4、絶妙なタッチでバーディーパットを沈めると、続く5番パー4では前方に木がそびえ立つ位置からの第2打を見事ピン横2メートルにつけて連続バーディー。時折笑顔も見せながら7、8番でもスコアを伸ばし、前半終了時点で9位に浮上した。後半は一転12、13番で連続ボギーを叩くも、15番でバーディーを奪って一日を終えた。

 渋野は会見で「前半は凄く安定したショットが打てていた。良い流れで来ていたが、途中からなかなかかみ合わず、スコアを崩して悔しい。とりあえず予選通過できて本当に良かった。あと2日間あるので、いろいろ試せるかなと思う」と一日を振り返った。

 この2日の課題は明確だ。11番パー5について「あそこは(第2打で)届く距離のパー5。(バーディーを)取りたいところではあるが、昨日今日取れなかったので流れが悪くなっている」と説明した。このまま12番からの連続ボギーにも繋がったと分析し「パー5を取れればスコアにはつながる。(全3ホールで)1本もなかったのでボロが出てしまっているかなという感じ」と振り返った。

 12月の米ツアー予選会に参加するため、今季の国内ツアーはこれが最後。「とりあえずは一打一打を悔いのないように、あと36ホールやりきれたらいいなと。良いところもあったし悪いところもあった。修正して、もう少しマシなゴルフができればいいなと思う」と、さらに上位を狙う。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集