[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、悲願の日本開催で初V! マスターズ以来の米7勝目、一時は2位後退も再浮上

米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われ、2位と1打差の単独首位でスタートした松山英樹(LEXUS)は、2イーグル、3バーディー、2ボギーの65。2位に5打差をつけ、通算15アンダーで、今年4月のマスターズ以来となる米ツアー7勝目を記録した。

日本開催となったZOZOチャンピオンシップでマスターズ以来の米7勝目をあげ、ガッツポーズする松山英樹【写真:Getty Images】
日本開催となったZOZOチャンピオンシップでマスターズ以来の米7勝目をあげ、ガッツポーズする松山英樹【写真:Getty Images】

米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終日

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われ、2位と1打差の単独首位でスタートした松山英樹(LEXUS)は、2イーグル、3バーディー、2ボギーの65。2位に5打差をつけ、通算15アンダーで、今年4月のマスターズ以来となる米ツアー7勝目を記録した。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本で歓喜の時を迎えた。松山は前半6番パー5、2オンに成功すると、絶妙なタッチでイーグルパットを放った。ボールがカップに近づくに連れてギャラリーもざわつく。見事カップインした瞬間、現地は大喝采に包まれた。冷静沈着な松山も、右手で握り拳を作る。軽く手をあげ、歓声に応えた。

 しかし、8番パー4で3パットしてしまいボギー。後半、一時はキャメロン・トリンゲール(米国)と1打差の2位に後退した。それでも11番、難しいラインを読み切った長いバーディーパットを沈めてトリンゲールに並ぶと、13番でもバーディーを奪い、再び単独首位に浮上。さらに15番でもスコアを1つ伸ばした。

 17番はボギーを叩いたものの、最終18番では見事2オンに成功。ギャラリーから喝采を浴びた。最後のイーグルパットも決め、両手を上げて歓喜。見事に初優勝を掴んだ。

 今年4月、マスターズで日本男子初の海外メジャー優勝、アジア人初のマスターズ制覇の快挙を成し遂げた松山。大会前は「マスターズが10としたら1もない状態」などと不調であることを口にしていたが、2日目を終えて首位に立つなどギャラリーを沸かせた。2年前はタイガー・ウッズ(米国)との優勝争いの末、3打差で2位。日本開催の米ツアーで悲願の初優勝を手にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集