[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 3兄妹が珍対決 日本代表の妹が兄・姉ペアとコート集結「お正月にはよくやるけど…」

3兄妹が珍対決 日本代表の妹が兄・姉ペアとコート集結「お正月にはよくやるけど…」

バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」が19日に開幕し、混合ダブルス予選1回戦で珍しい顔合わせが実現した。女子ダブルス世界8位で日本A代表の米元小春(北都銀行)が、米元優樹(宇部興産)、米元陽花(ACT SAIKYO)組と対戦したのだ。3選手は、1987年生まれの優樹が長男、90年生まれの陽花が長女、小春が次女の3人兄妹。しかも、陽花と小春は、双子だ。

ジャパンOP混合複1回戦で米元小春が兄&姉ペアを撃破、しかも姉は双子「奇跡だと」

 バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」が19日に開幕し、混合ダブルス予選1回戦で珍しい顔合わせが実現した。女子ダブルス世界8位で日本A代表の米元小春(北都銀行)が、米元優樹(宇部興産)、米元陽花(ACT SAIKYO)組と対戦したのだ。3選手は、1987年生まれの優樹が長男、90年生まれの陽花が長女、小春が次女の3人兄妹。しかも、陽花と小春は、双子だ。

 公式戦の混合ダブルスで3人が同じコートに立ったのは、初めてだという。米元優樹は「お正月には、よくやるんですけど。(妹が双子で似ているので)試合中に、あれ、今、組んでいるのは小春じゃないよな? と思いました」と笑った後、「バドミントンを始めてから、全日本総合選手権に出ることを最初の目標にして来て、次に3人で全日本に出ることが目標で、それから3人でこの大会に出ることが目標だったので、感慨深いものがありました。カードが決まったときは、ひっくり返りました。神様が与えてくれたチャンスだと思って試合をできました」と話した。

 対戦を望んでいたのが兄姉ペアで、避けたがっていたのが妹だった。国内の大会でともにエントリーすることはあっても、日本代表選手と戦うためには上位まで勝ち上がらなければならず、対戦は容易ではない。今大会は予備登録だったため、米元陽花も「リザーブで出場できないかもしれないと諦めていたのに出られて、まさかジャパンオープンで対戦できるなんて……。奇跡だと思いました」と対戦実現に驚きを隠さなかった。

 兄妹対決であり、双子対決でもある試合は、ともに日本代表選手である金子祐樹(日本ユニシス)、米元小春組が2-1(17-21、21-14、21-18)で接戦をものにした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー