[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3兄妹が珍対決 日本代表の妹が兄・姉ペアとコート集結「お正月にはよくやるけど…」

勝利の妹・小春「意地でも勝ってやるという気持ちとやりにくさがあった」

 ネット際からマッチポイントを奪った米元小春は「今までずっと当たりそうで当たらなかったのでラッキーと思っていましたけど、陽花に関しては高校生の頃から負けたことがなかったので、意地でも勝ってやるという気持ちと(同時に兄と姉が相手で)やりにくさがありました。現役のうちに一度は対戦しておきたかった気持ちもあったし、2人に長くプレーしてほしいという意味でも互いに刺激になっていると思うので、何としても(相手の目標を達成させずに)勝たなければいけないと思いました」と笑顔で試合を振り返った。

 ただ、金子と米元小春はそれぞれ普段は男子ダブルス、女子ダブルスの主戦種目としているのに対し、米元優樹、陽花は混合ダブルスが主戦種目。ファイナルゲームは、11-2の折り返しだったが、金子が「ここまで競るとは思っていなかった部分もあったけど(米元は)身内同士でやりにくい部分もあるだろうし、ダブルスのペアとしては相手の方が長く組んでいるので形がしっかりしている。うまく形にはめられて連続ポイントを取られた」と話したとおり、苦しめられた。終盤は19-18の1点差まで追い上げられ、どうにか振り切ったゲームだった。

 兄妹ペアの猛追は、見応えがあった。原動力は、妹に負けたくない思いと、3兄妹全員で憧れていた大会のコートに立てた感慨だ。米元陽花は「すごく楽しかった。ファイナルは、開き直ってから良くなったんですけど(折り返しの)11点までが悪過ぎました。あのプレーをもっと早く出したかった。でも、せっかくの舞台なので1分でも1秒でも長く一緒にコートに立てるように、自分たちのプレーをしようと思いました」と話し、嬉しさと悔しさの入り混じった涙を流した。

 ダイハツヨネックスジャパンオープンは、BWF(国際バドミントン連盟)最高峰で年間12大会が行われるスーパーシリーズの第8戦。世界トップクラスの選手が集う国内唯一の大会で、国内のバドミントン競技者やファンが最も注目する舞台だ。3兄妹で一緒にプレーする目標を達成した長男の優樹は「あとは、小春に託して応援するだけ。兄妹なので、一生懸命に応援できます」と勝ち上がった『米元家代表』にエールを送った。

【了】

平野貴也●文 text by Takaya Hirano

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集