[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 本田真凜は「天才」 米記者が五輪メダルに太鼓判「2022年の話ではなく次の2月だ」

本田真凜は「天才」 米記者が五輪メダルに太鼓判「2022年の話ではなく次の2月だ」

シニア初戦となったUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)で優勝を飾った本田真凜(関大高)。鮮烈なVデビューに日本のみならず、世界の称賛を浴びていたが、依然、その声はとどまらない。海外記者が「平昌五輪でメダルを勝ち取っても不思議ではない」と絶賛。さらに現全米女王も「明らかにチャンスがある」と断言している。

平昌メダルは米記者「なんら不思議ない」、全米女王「明らかにチャンスある」

 シニア初戦となったUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)で優勝を飾った本田真凜(関大高)。鮮烈なVデビューに日本のみならず、世界の称賛を浴びていたが、依然、その声はとどまらない。海外記者が「平昌五輪でメダルを勝ち取っても不思議ではない」と絶賛。さらに現全米女王も「明らかにチャンスがある」と断言している。

 本田はシニアデビュー初戦にもかかわらず、フリーで圧巻の演技を見せた。ジュニア時代より30秒長い4分間の演技。しかも、標高1300メートルという高地で酸素の薄い状況だ。しかし、酸欠になりながら大きなミスをすることなく、持ち前の表現力を発揮。見事に表彰台の真ん中に上ってみせた。

 米スケート専門メディア「icenetwork」では、昨季の世界ジュニア選手権から注目していたというフィリップ・ハーシュ記者が「日本の天才を生で観たことに、ただただ感銘を受けさせられた」と絶賛している。

最後まで演じ切った迫真ぶりに「酸欠だったが、それはまさに彼女から披露された息を飲む圧巻のパフォーマンスによる代償だった」と称賛したが、そのポテンシャルは来年2月の夢舞台に表彰台に立つ可能性があると分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー