[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シェルバコワ、男子超えの“世界最高V2”に露メディア衝撃「狂気の4回転ルーティン」

フィギュアスケートのロシア選手権は28日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳アンナ・シェルバコワが驚異の181.94点をマーク。非公認ながら、アレクサンドラ・トルソワが持つ166.62点の世界最高得点を大幅に上回る演技を披露し、こちらも世界最高得点となる合計261.87点で連覇を飾った。今季話題の演技中の“衣装チェンジ”に加え、4回転ジャンプを3本成功した男子超えの圧巻の演技にロシアメディアも「狂気の4回転ルーティン」と驚愕している。

アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】
アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】

男子のフリー1位、合計1位を上回る181.94点、261.87点で連覇達成

 フィギュアスケートのロシア選手権は28日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の15歳アンナ・シェルバコワが驚異の181.94点をマーク。非公認ながら、アレクサンドラ・トルソワが持つ166.62点の世界最高得点を大幅に上回る演技を披露し、こちらも世界最高得点となる合計261.87点で連覇を飾った。今季話題の演技中の“衣装チェンジ”に加え、4回転ジャンプを3本成功した男子超えの圧巻の演技にロシアメディアも「狂気の4回転ルーティン」と驚愕している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 希代の4回転ジャンパーがフリーの主役になった。シェルバコワは冒頭で4回転ルッツ―3回転トウループという男子顔負けの超高難度ジャンプを披露。中盤にはスピンをしながら、紫の衣装が胸元から赤にするすると変わっていくという今季話題の“衣装チェンジ”で母国のファンの喝采を浴びると、計3本の4回転ジャンプを着氷させた。

 圧巻の演技でV2を果たした15歳の天才少女。叩き出した合計点「261.87」の衝撃はフィギュア大国でも大きな話題を呼んだ。ロシア放送局「ロシアトゥデー」は「アンナ・シェルバコワが狂気の4回転ジャンプのルーティンを披露し、ロシア選手権を制した」と速報した。

 記事では「15歳は『火の鳥』の調べとともに、魅惑のプログラムで観客を熱狂させた。尋常ではないスケーティングスキルで、SP首位のアリョーナ・コストルナヤを含めた競争相手を全て圧倒した」と報じ、最後に決めた4回転フリップについて公式戦で決めた初の女子選手になったことも紹介している。

「息を奪うような演技は厳格なジャッジをも魅了した。信じられない261.87ポイントを与えたのだった」と高く評価した。男子フリーで首位だったアルトゥール・ダニエリアンの177.70点、優勝者のドミトリー・アリエフの合計260.98点を上回る驚異の得点で優勝したシェルバコワ。世界選手権出場も大きく手繰り寄せ、スポットライトを浴びた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集