[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、前日の心境は「何も」 初防衛へ“超自然体”「やってやろうとも思わない」

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の前日計量が22日、都内のホテルで行われた。WBA世界ミドル級(72.5キロ以下)タイトルマッチでは王者・村田諒太(帝拳)が72.5キロ、挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)は72.3キロで一発クリア。初防衛戦に臨む村田にとって6度目となる世界戦へ、自然体を貫いた。

村田諒太(左)【写真:浜田洋平】
村田諒太(左)【写真:浜田洋平】

「12・23」前日計量、村田諒太とバトラーが一発クリア

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の前日計量が22日、都内のホテルで行われた。WBA世界ミドル級(72.5キロ以下)タイトルマッチでは王者・村田諒太(帝拳)が72.5キロ、挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)は72.3キロで一発クリア。初防衛戦に臨む村田にとって6度目となる世界戦へ、自然体を貫いた。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 村田は“超冷静”だった。いつも通り計量台に乗り、当たり前にリミットをクリア。約20秒のフェイスオフを終えると、写真撮影後に取材対応した。世界タイトルを争う大一番。しかし、心境を問われても「何も」とポツリ。「何も感じなかったです。やってやろうっていう気にもならない。(相手が)調子良さそうという気持ちもわかないし、感情はなかった」と言葉を並べた。

 33歳の村田は15勝12KO2敗。前回王座に就いていた期間を含め、通算3度目の防衛戦となる。100人を超える報道陣や関係者に見守られる恒例行事。「穏やかに見える」と指摘されると「穏やか……緊張はしますよ。何回やってもこんなの緊張すると思う。世界戦も6試合目ですけど、当然のように緊張する。当然のような緊張感はありますね」と率直に吐露。ベルトを守る立場だが「いちいち意識はしない。ベルトを守るんだとかはない。次の試合でベストを尽くすだけ」と静かに意気込んだ。

 24歳のバトラーは28勝24KO1敗1分け。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから「Bang Bang(バンバン)」と呼ばれ、世界初挑戦で王座奪取を狙う。群雄割拠のミドル級で成り上がろうとする挑戦者。相手は気合十分で異国のリングに乗り込み、計量を終えると陣営が奇声を上げて喜んだ。一方、村田は自然体のままだった。

「(気持ちは)まだ入らない。というか、入れないです。本当にリングに上がる瞬間に自然と入ると思う。今までずっと試合してきたので、前回の試合同様に無理せず着飾らずにやります。無理に笑顔を作る必要もないし、虚勢を張る必要もない」

 計量後の回復食は、パスタやうなぎなどいつも通りの予定。「また明日よろしくお願いします」と報道陣に一礼した。自然体を貫きながらリングに上がる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集