[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子の逆転女王阻止へ 17年戴冠の鈴木愛が「4日間注意したい」ポイントとは

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは28日から4日間、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で行われる。賞金ランクトップを走る鈴木愛(セールスフォース)は27日、プロアマ戦で最終調整。単独2位以上で2年ぶり2度目の賞金女王となる25歳は、逆転女王を狙う渋野日向子(RSK山陽放送)を警戒した。

鈴木愛【写真:浜田洋平】
鈴木愛【写真:浜田洋平】

賞金女王争い、鈴木愛は渋野の“スター性”警戒「残り1%でも1%と感じない」

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは28日から4日間、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で行われる。賞金ランクトップを走る鈴木愛(セールスフォース)は27日、プロアマ戦で最終調整。単独2位以上で2年ぶり2度目の賞金女王となる25歳は、逆転女王を狙う渋野日向子(RSK山陽放送)を警戒した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 鈴木は賞金女王争いで同2位の申ジエ(韓国)、同3位の渋野に追われる状況。単独2位以上に入るか、3位以下でも申と渋野の順位次第で戴冠となる優位な位置で最終戦を迎えた。3週連続優勝後の前週は2位。優勝争いした最終日は、17番第1打を池に入れて渋野に優勝を譲っただけに「とにかく集中力を保てれば。先週のように集中力がなくなると怖いので、集中力が大事になる」と鍵を挙げた。

 2年前は、キム・ハヌル(韓国)との女王争いに競り勝った。のしかかる重圧を背に戦ったことは、間違いなく今に生きている。「(賞金女王は)考えないようにしても考えてしまう。17年もこういうものがあった。1回経験しているのはかなり大きいので、そういうのを明日から見せたい」。前回と同様に逃げの展開となり「上に立っている方が優位。前回もそうだった。上に立っている方が気持ち的には優位。優勝で決めたい思いは強い」と栄冠を奪いに行く。

 女王まであと一歩。そんな優位な状況でも恐れを抱くのが“シンデレラ”の存在だ。渋野は5月に初優勝すると、海外メジャー・全英女子オープンを制した。一時は賞金女王レースから脱落したかに見えたが、前週の優勝で踏みとどまった。9月には最終日に8打差を逆転する奇跡を演じた。技術とメンタルの強さに裏打ちされた日米通算5勝の21歳。逆転賞金女王への“シンデレラチャージ”の雰囲気も漂わせる。

 彗星のごとく現れた渋野と3月のヨコハマタイヤPRGRレディスで同組となった鈴木は、当時の印象を振り返り、目に見えない力も兼ね備える若きスターを警戒した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集