[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリにまた衝撃の事実 実際の体重超過は約800gか、当初報道の約2倍の重量オーバー

ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミットを1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が実施を拒否し、試合はキャンセルになった。再三の体重オーバーを繰り返すネリの超過分が実際のところ約2倍の1.8ポンド(約800グラム)だった衝撃の事実が発覚した。プエルトリコ地元紙「エル・ボカロ」が報じている。

ルイス・ネリ(左)とエマヌエル・ロドリゲス(右)【写真:Getty images】
ルイス・ネリ(左)とエマヌエル・ロドリゲス(右)【写真:Getty images】

実際の体重超過は1.8ポンドだったとロドリゲスの地元プエルトリコ紙が報道

 ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミットを1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が実施を拒否し、試合はキャンセルになった。再三の体重オーバーを繰り返すネリの超過分が実際のところ約2倍の1.8ポンド(約800グラム)だった衝撃の事実が発覚した。プエルトリコ地元紙「エル・ボカロ」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 聖地ラスベガスでまたも体重超過騒動を引き起こしたネリ。“被害者”となったロドリゲス陣営は悪夢を乗り越え、先を見据えていた。

「敗戦からの復帰戦となるが、私は構わない。タイトル戦を目指す。もう一度彼をリングに上げるために全力を尽くした。あの試合では契約があったが、ネリがウェートを作らなかった。私のファイターを擁護する」

 記事によると、ロドリゲスのプロモーターのフアン・オレンゴ氏はこう語ったという。

 事実上の決勝と呼ばれたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ準決勝で、ロドリゲスは井上尚弥(大橋)に2回TKO負けを喫していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集