[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 16歳須本光希、ジュニアGP初優勝 実況も絶賛「素晴らしいパフォーマンス」

16歳須本光希、ジュニアGP初優勝 実況も絶賛「素晴らしいパフォーマンス」

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)第3戦ラトビア大会は9日、男子フリーでショートプログラム(SP)4位の須本光希(浪速高)が全体1位の140.26点をマークして逆転。合計203.51点でジュニアGP初優勝を飾った。大会公式Youtubeチャンネルも演技をノーカットで紹介し、実況は「素晴らしいパフォーマンス」と絶賛している。

第3戦ラトビア大会で逆転V…米メディア「金を確実なものにするには十分な得点」

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)第3戦ラトビア大会は9日、男子フリーでショートプログラム(SP)4位の須本光希(浪速高)が全体1位の140.26点をマークして逆転。合計203.51点でジュニアGP初優勝を飾った。大会公式Youtubeチャンネルも演技をノーカットで紹介し、実況は「素晴らしいパフォーマンス」と絶賛している。

 鮮やかな紺のジャケットをまとった須本は、安定感のある美しいスケーティングで得点を伸ばした。実況も「始まりから終わりまで、力強い演技でした。ミツキによる素晴らしいパフォーマンスでした」と称賛。得点が表示されると、須本は驚いたような表情を浮かべ、高得点に手を叩いて喜んだ。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「ショートプログラムの4位から順位をあげ、ミツキ・スモトがラトビアでのジュニアグランプリで金メダルに輝いた」と紹介。「スモトは自己ベストの140.26点を記録、金メダルを確実なものにするには十分な得点であった。大会トータルでの203.51点も自己ベストだった」と賛辞を送っている。

 最近、男子ジュニアはなかなか結果を残せずにいたが、実力を証明した16歳の須本。今後はジュニアGPファイナルを目指すが、金の卵のさらなる飛躍が楽しみだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー