[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「9.98」を予言? 桐生祥秀、4年前に着けたゼッケン「998」が話題「運命的」

「9.98」を予言? 桐生祥秀、4年前に着けたゼッケン「998」が話題「運命的」

陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。大学最後のインカレで悲願を成就させたが、4年前の高校最後のインターハイで着用したゼッケンは「998」だった。

不思議な縁…大学最後のインカレで「9秒98」、高校最後のインハイのゼッケンは「998」

 陸上の日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)第2日は9日、男子100メートル決勝(追い風1.8メートル)で桐生祥秀(東洋大4年)が日本人初の9秒台となる9秒98で優勝。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。大学最後のインカレで悲願を成就させたが、4年前の高校最後のインターハイで着用したゼッケンは「998」だった。

 何かの因縁だろうか。平成29年の9月9日。何かと「9」にまつわる日に桐生は日本人初の9秒台を叩き出した。しかし、不思議な縁はこれだけではなかったという。

 4年前。洛南高3年だった桐生が高校ラストとなった大分インターハイで100メートルを10秒19の大会新記録で制するなど、200メートル、400メートルリレーを合わせ、大会3冠を達成した。未来へさらなる成長を予感させた17歳の夏、胸に着けていたゼッケンが「998」だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー