[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リオ金・ベイカー茉秋「頭が真っ白」 3回戦敗退で五輪出場は危機的「成長がない」

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の最終日が24日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子90キロ級のリオ五輪金メダル・ベイカー茉秋(日本中央競馬会)が3回戦でジョージア選手に敗れた。東京五輪出場に崖っぷちに立たされていた五輪王者。男子90キロ級は今大会で内定者が出ることはないが、負けられない状況で痛い敗戦となった。

ベイカー茉秋【写真:Getty images】
ベイカー茉秋【写真:Getty images】

連覇を目指した五輪の出場が危機的状況、来年以降の競技生活「何も言えないです」

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の最終日が24日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子90キロ級のリオ五輪金メダル・ベイカー茉秋(日本中央競馬会)が3回戦でジョージア選手に敗れた。東京五輪出場に崖っぷちに立たされていた五輪王者。男子90キロ級は今大会で内定者が出ることはないが、負けられない状況で痛い敗戦となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ジョージア選手との3回戦は、ゴールデンスコア方式の延長22秒に支釣込足で一本負けした。敗戦後は取材エリアを通り過ぎて控室へ。約15分後に取材に応じ「崖っぷちだとわかっていた。優勝してなんとか東京五輪に名乗りを上げたい感じだった。去年と同様に3回戦で負けて、成長がなかった」と肩を落とした。

 五輪連覇を目指していたが、出場すら危機的状況となり「現状だと(代表入りは)厳しいんじゃないかと思っている。まだ頭が真っ白です」と呆然。今後の競技生活について「これで優勝することしか考えていなかったので、何も言えないです。崖っぷちで優勝することしか考えていなかった」と話すにとどめた。

 五輪は男女7階級で出場権は各階級1人。日本代表の選考は3段階あり、一つは8月の世界選手権優勝者が今大会を制し、試合後に行われる全柔連強化委員会で出席者の3分の2以上が賛成すれば内定する。男子90キロ級は、今夏の世界選手権で銀メダルを獲得した向翔一郎(ALSOK)が一歩リード。3週間前の講道館杯決勝でベイカーを破り、初優勝した19歳の村尾三四郎(東海大)も急成長で代表争いに名乗りを上げていた。

 ベイカーはリオ五輪後に右肩を手術。今年4月の全日本選抜体重別選手権では準決勝で敗れ、代表選考に大きく関わる今年の世界選手権出場を逃した。しかし、7月のグランプリ大会(モントリオール)を制し、国際大会ではリオ五輪以来の優勝。復調してきたが、土俵際から落ちる結果となった。

 向は準々決勝で敗れ、敗者復活戦に回った。五輪代表は来年2月までの主要国際大会終了時点の実績で判断されるか、4月の全日本選抜体重別選手権が最終選考会となる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集