[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、300点超えで貫録V 2位に55点超大差、3年ぶりGPファイナル出場決定

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が195.71点、合計305.05点で3年ぶりの大会優勝を達成した。スケートカナダに続く連勝を飾り、同じく3年ぶりのGPファイナル進出を決め、母国のファンの前で王者が貫録を示した。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

NHK杯3年ぶりの優勝、王者ここにありを高らかにアピール

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯は22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が195.71点、合計305.05点で3年ぶりの大会優勝を達成した。スケートカナダに続く連勝を飾り、同じく3年ぶりのGPファイナル進出を決め、母国のファンの前で王者が貫録を示した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 羽生が日本で輝いた。冒頭の4回転ループで軸がやや傾きながらも堪えて着氷させると、続く4回転サルコウは綺麗に成功。中盤は美しいステップ、スピンで加点を引き出すと、3回転ルッツ、4回転トウループも着氷させた。後半の連続ジャンプが抜けて単発になる場面もあったが、最後に3回転アクセル―オイラー―3回転サルコウの高難度の3連続ジャンプを決め、意地を見せた。

 滑り終えると大きく頷き、満足げな笑みを浮かべた羽生。札幌のファンからくまのプーさんのぬいぐるみが投げ込まれ、銀盤が黄色く染まる。そんなリンクの中心で大歓声を一身に浴びていた。貫禄の300点超えで見事優勝した王者。17年と18年は故障により出場できなかったGPファイナルの出場を決め、王者ここにありを高らかにアピールした。

  ケビン・エイモズ(フランス)が250.02点で2位、ローマン・サドフスキー(カナダ)が247.50点で3位に入った。羽生は2位に実に55.03点の大差をつける圧勝となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集