[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海老沼匡「いい試合、は聞き飽きた」 引き立て役で終わらない、大野将平への挑戦状

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第2日が23日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子73キロ級の海老沼匡(パーク24)が決勝で2017年世界選手権覇者の橋本壮市(パーク24)を下し、同級では大会初優勝に輝いた。66キロ級だった09年大会以来10年ぶりの大会制覇。欠場したリオ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が君臨する階級で五輪争いに踏みとどまる結果を残した。

海老沼匡が優勝【写真:Getty images】
海老沼匡が優勝【写真:Getty images】

五輪2大会連続銅の海老沼匡「僕は東京五輪が最後」、諦めずに戦う理由

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の第2日が23日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子73キロ級の海老沼匡(パーク24)が決勝で2017年世界選手権覇者の橋本壮市(パーク24)を下し、同級では大会初優勝に輝いた。66キロ級だった09年大会以来10年ぶりの大会制覇。欠場したリオ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が君臨する階級で五輪争いに踏みとどまる結果を残した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 始めの合図の瞬間、海老沼は「しゃー!」と雄叫びを上げた。東京五輪への生き残りを懸けた戦いに気合十分。互いに襟を持たせない展開が続き、緊迫した空気に会場が静まり返る。4分間、両者ともに技を決めることはできず、ゴールデンスコア方式の延長に入った。最後は海老沼が寝技に持ち込み、延長5分4秒に横四方固めによる一本勝ち。計9分4秒の熱闘に決着をつけた。

「なかなか勝ち切れない大会が続いていたので、泥臭くてもいいので、1回戦から我慢、我慢でいって勝ちたいと思った」

 優勝後に涙を流した29歳。決勝は同じパーク24所属選手の橋本が相手だった。何年もともに日々の稽古に励んできた。2学年下の後輩は「今日、何やります?」とメニューを聞いてくる。「橋本選手は僕にとって結構特別。強化選手じゃない時にパーク24に入ってきて、僕を慕ってくれた。しつこいくらいに」。弟分として可愛がってきた。

 この日は投げを仕掛けた後、橋本の体の上に海老沼が体重をかけて乗ってしまう場面も。ごめんな、という思いを伝えるように畳に突っ伏した後輩の頭をポンポンと叩いた。畳上で気遣いを見せながらも最後は勝利。「(出会った当初)この子は強くなるなと思った。こんなに慕ってくれている橋本選手と試合ができてよかったなと思います」と感慨に浸った。

 この階級で実力の抜けた存在となっている大野は、10月末の稽古中に左手人さし指を痛めて今大会を欠場。8月の世界選手権を制していたため、今大会で勝てば五輪内定の可能性があった。柔道私塾の講道学舎で大野の先輩となる海老沼は、五輪代表争いに向け、絶対王者・大野のいない間に国際大会で猛アピールした。2度の五輪を経験したベテラン。最高の舞台を味わったからこそ、もう一度目指す。

「夢とか目標って諦めるのは簡単だと思うけど、やっぱり東京五輪が僕は最後かなと思っているので、そこに向けて突っ走っていきたいなって思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集