[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • NBAキャブズ移籍のトーマス 故障の質問相次ぎ関係者制止「“股関節会見”じゃない」

NBAキャブズ移籍のトーマス 故障の質問相次ぎ関係者制止「“股関節会見”じゃない」

NBAボストン・セルティックスからクリーブランド・キャバリアーズへトレードとなったポイントガードのアイザイア・トーマスが、7日(日本時間8日)に入団会見に臨んだ。身長175センチの小兵は、「世界でベストの選手と一緒にプレーできることに興奮している」と“キング”ことレブロン・ジェームズとの共闘に心を躍らせた。

アービングとのトレードでキャブズ移籍、注目の股関節の状態は…

 NBAボストン・セルティックスからクリーブランド・キャバリアーズへトレードとなったポイントガードのアイザイア・トーマスが、7日(日本時間8日)に入団会見に臨んだ。身長175センチの小兵は、「世界でベストの選手と一緒にプレーできることに興奮している」と“キング”ことレブロン・ジェームズとの共闘に心を躍らせた。

 リーグを代表するスター選手、カイリー・アービングとのトレードが8月22日に合意に達していたトーマスだが、股関節に故障を抱えていることで、一時は破談となる可能性もあった。合意発表からおよそ2週間の時を経て開かれた入団会見では、「新シーズンに優勝できるチームへのトレードに喜んでいる。これはビジネスだ。僕はこの機会に感謝している」と胸中を語った。

 会見では、記者陣から故障の状態についての質問が相次いだが、コビー・アルトマン新GMが「現時点で報告できる新たな情報はない。これはアイザイア・トーマスの“股関節会見”ではないんだ」と制止。米紙「ボストン・グローブ」(電子版)は、手術をした場合には全治3~4か月を要すると報じていたが、現段階で手術の予定はなく、明確な復帰時期は設けずに、「新シーズン中に復帰させることが我々のゴール」とプランを明かした。

 身長175センチの小さな体で、2メートル以上の大男たちが待ち受けるゴール下へ切り込んでいくプレースタイルゆえに故障も多いトーマスは、「僕はそれで成功してきたし、キャリアが終わるまで戦い続けるつもりさ」と自分のスタイルを貫くことを宣言。そして、新たにコンビを組むレブロンについて、「世界でベストの選手と一緒にプレーできることに興奮している」と喜びを口にした。

 昨季リーグ3位の平均28.9得点を叩き出した小さなスコアリングマシンは、歴代ベストプレーヤーの呼び声が高いレブロンと、どのようなハーモニーを奏でるのだろうか。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー