[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 幻に消えた初の三塁打…二遊間で起こった「悪夢のダイブ」に3年目捕手も愕然

幻に消えた初の三塁打…二遊間で起こった「悪夢のダイブ」に3年目捕手も愕然

米大リーグで走塁中にずっこけ、自身初の三塁打が幻となった選手が出現。哀愁漂うシーンをMLB動画サイト「Cut4」が紹介し、全米で話題を呼んでいる。

パイレーツのディアスがキャリア初の三塁打に向かって疾走も…

 米大リーグで走塁中にずっこけ、自身初の三塁打が幻となった選手が出現。哀愁漂うシーンをMLB動画サイト「Cut4」が紹介し、全米で話題を呼んでいる。

 不本意な形で注目の的となってしまったのは、パイレーツのエリアス・ディアス捕手だ。

 7日(日本時間8日)のカブス戦、1-4の4回1死に迎えた第2打席だった。右打者のディアスは初球を左中間に打ち返し、長打コースへ。スピードに乗ったディアスは二塁ベースを蹴って一気に三塁を陥れようとしたが、予期せぬ“悪夢”に襲われた。二塁ベースを回った直後に足がもつれ、二遊間にまさかの“ダイブ”。その間にボールは中継プレーで三塁手のもとに戻ってきてしまい、ディアスは慌てて頭から二塁へと帰塁した。

 悔しそうにずれたヘルメットを直すディアス。それもそのはず、これが彼にとって自身初の三塁打になるはずだったのだ。プロ3年目の26歳は、今季45試合に出場して初安打を含む31本の安打をマークし、そのうち長打は二塁打8本、本塁打1本。初の三塁打ではなく、奇しくも9本目の二塁打が記録されることになった。

「Cut4」は記事で「エリアス・ディアスにとってキャリア初となる三塁打となるはずだった。彼が途中でずっこけるまでは」と紹介。「(二塁打でも)まだ良い結果だが、(三塁打の)マイルストーンは別の日を待たなければならないだろう」と記している。

 パイレーツは結果的にこの回で得点を奪えず、試合も2-8で完敗。ディアスにとっては、“幻の三塁打”として記憶に刻まれる、なんとも後味の悪い1日となってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー