[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 元女王を粉砕 24歳アメリカンドリーマーの驚異の一撃に称賛「この日のハイライト」

元女王を粉砕 24歳アメリカンドリーマーの驚異の一撃に称賛「この日のハイライト」

テニスの全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランキング83位のスローン・スティーブンス(米国)が同9位のビーナス・ウィリアムズ(米国)を6-1、0-6、7-5で下し、グランドスラムで初の決勝進出を果たした。大会公式ツイッターも白熱のラリー動画を速報でアップ。ファンからも「この日のハイライトに間違いない」「素晴らしいの一言に尽きる」との声が上がった。

全米OP準決勝…世界ランク934位から急上昇のスティーブンスがビーナスを2-1で撃破

 テニスの全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス準決勝が行われ、世界ランキング83位のスローン・スティーブンス(米国)が同9位のビーナス・ウィリアムズ(米国)を6-1、0-6、7-5で下し、グランドスラムで初の決勝進出を果たした。大会公式ツイッターも白熱のラリー動画を速報でアップ。ファンからも「この日のハイライトに間違いない」「素晴らしいの一言に尽きる」との声が上がった。

 24歳のスティーブンスが“アメリカンドリーム”を果たした。

 大一番の準決勝、スティーブンスは第1セットを6-1で先取するも、第2セットで元女王の反撃に遭い、1ゲームも奪えずに落とした。しかし、第3セットは粘りのテニスでビーナスに対抗。ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームの30-30の局面では、強烈なショットの打ち合いが10本以上も続き、ベースライン際に押し込まれる苦しい展開となったが、最後はネットプレーに出てきた相手の横を抜く鋭いダウン・ザ・ラインを打ち込み、このゲームを奪取。思わず左手で何度もガッツポーズをし、叫ぶほど会心のラリーだった。

 スティーブンスはその後、第11、第12ゲームも奪取。セットカウント2-1で憧れの選手であるビーナスを破り、グランドスラムで自身初となる決勝進出を果たした。大会公式ツイッターも「取るべき時に取ったスローン・スティーブスのアンビリーバブルなポイント」と、第3セット第10ゲームの白熱のラリー動画を公開。ファンからは「この試合では何本も信じられないようなラリーがあった。この日のハイライトに間違いないだろう」「今まで見てきた中で最も輝かしいポイントの1つ」「アメージング! スローンが勝って最高の気分だ!」「素晴らしいの一言に尽きる」と称賛の声が寄せられた。

 米スポーツ専門放送局「ESPN」のスタッツ解析部門のツイッター「ESPN Stats & Info」によると、スティーブンスは今年8月7日に発表された世界ランキングでは934位。そこから8月のロジャース・カップ、ウェスタン&サザン・オープンで準決勝進出を果たすなど、直近15試合で13勝という驚異の勝率で同83位まで急浮上してきた。24歳の“アメリカンドリーマー”は、初のグランドスラム制覇を目指して全力疾走を続ける。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー