[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、井上尚弥とドネアは抱擁できたのか 敗者の清々しい背中は死線を越えた証

「殴る=憎い」ではない、ボクサーが抱擁する理由「相手も死ぬほど苦しいから」

 ボクシングは、ダウンという相手を気絶させ合う過酷な競技。一つ歯車が狂えば「死」が訪れることさえもある。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 しかし、終了のゴングが鳴った瞬間には相手と抱き合い、握手をする。笑顔で会話することさえも普通の光景だ。ボクシングを知らない人からすれば、「殴る=憎い」というような構図を頭に浮かべるかもしれないが、実際のリング上はそうではない。試合後、あれだけ殴り合った人と、なぜ抱き合うことができるのか。帝拳ジム代表で元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏がこう説明してくれたことがある。

「苦しくて、苦しくてたまらない減量、それまでの大変な練習を自分は乗り越えてきた。リングに上がる前は殴られるという恐怖もあるし、リングに立てば一人になる。そういういろんな苦しみを乗り越えてリングに立った。でも、それは相手も同じなんですよ。

 階級という同じ条件の中で、勝つことを目指して戦った。自分が死ぬほど味わったきつい思いを、相手もしていると思えるから、相手に敬意を払うことができるんです。だから、あれだけ殴り合っても試合後に相手と笑顔で話せるんです」

 軽量級の新旧スター対決。井上は「世代交代になる」と宣言した。両者とも勝てば得るものが大きい代わりに、負けて失うものも大きい。世界王者はとてつもなく多くのものを背負って戦っている。

 9日には、井上が激闘の代償として右目の眼窩底と鼻の2か所を骨折していたことを自身のSNSなどで公表。ドネアは、この投稿を引用する形で勝者にメッセージを送った。「手術の必要がないと知り、安心した。そしてもちろん、傷が癒えるように!」。相手の怪我を心配し、かつ手術の必要がないことに安堵したようだった。井上は言う。

「気持ちの面で凄く受け取ったものがある。言葉では表せない。拳で語っていることが多いので、言葉では語れないですね。36分間のぶつかり合いで感じたものが多い。ドネアだから話せることもあるし、36分間で実はあの時ああ思っていた、こう思っていたとか聞いてみたいですね」

 濃密な36分間。一時代を築いたレジェンドと交わした“拳の会話”。死線を潜り抜けた2人が、ボクシングの魅力を伝えた時間だった。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集