[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、井上尚弥とドネアは抱擁できたのか 敗者の清々しい背中は死線を越えた証

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ちを収め、WBSS制覇を果たした。ボクサーは殴り合った直後に、なぜ抱擁できるのか。死と隣り合わせのボクシング。その醍醐味を伝えた36分間だった。

抱擁する井上尚弥(右)とドネア【写真:荒川祐史】
抱擁する井上尚弥(右)とドネア【写真:荒川祐史】

井上尚弥、36分間でドネアと交わした“拳の会話”「気持ちを凄く受け取った」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ちを収め、WBSS制覇を果たした。ボクサーは殴り合った直後に、なぜ抱擁できるのか。死と隣り合わせのボクシング。その醍醐味を伝えた36分間だった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 激闘の興奮が残っていた。試合後の関係者通路。WBAなど各団体の関係者、報道陣、スポンサー、各選手の陣営など多くの人でごった返す。終了のゴングから20分ほど過ぎた頃か。顔を腫らしたドネアが、井上の控室に入っていった。

 数分後、扉が開く。中から優勝トロフィーを抱えた人が出てきた。その後ろについて現れたのが傷だらけの敗者。ドア周辺に立つ関係者や記者に目をやると「サンキュー!」と笑みを浮かべた。そして、トロフィーを運ぶ関係者を指さしながら「彼がチャンピオンだよ」と冗談を飛ばし、駐車場へと歩いて行った。清々しい背中だった。

 敗れたはずのドネアが優勝トロフィーを持ち帰ったのは、2人の息子のためだという。試合前に約束した息子たちに対する優勝のプレゼント。「目に涙を浮かべ、イノウエに一晩だけ貸してくれとお願いした。自分のためではなく、自分の約束のために」と勝者に頭を下げた。2歳の長男を持つ井上は、快く受け入れた。

 試合前から互いに敬意に満ち溢れた決戦だった。8月末の記者会見、試合10日前の公開練習、予備検診などの公式行事。両者の口から「尊敬」「敬意」などの言葉を何度も聞いた。ドネアにとって日本メディアは、いわば“敵陣営”。それでも、体重や作戦などナーバスな質問にも、いらだちを見せることもなく、答えられる範囲で真摯に対応。モンスター撃破への道筋がはっきりと見えているようでもあり、36歳が培ってきた経験値の高さ、懐の深さを感じさせられた。

 モンスターとフィリピンの閃光。互いに相手を一発で葬り去る強打の持ち主。リング上で何発もの拳が顔面を捉えたが、両者とも立ち続けた。右まぶたから流血した井上の顔は赤く染まり、ドネアの顔も回を追うごとに紫色に腫れていった。海外メディアやファンからも称賛の声がやまない歴史的な36分間。最後のゴングが鳴った直後、両者は抱擁を交わした。一夜明け、井上はこのシーンを振り返った。

「あれがボクシングの醍醐味、良さかなと思う。ドネアを尊敬してやってきたので、試合が終われば関係なく称えようと思った。ドネアじゃないとこんな感動はなかった。ドネアには感謝の気持ちでいっぱいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集