[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、来年は4団体統一に照準 テテか、拓真の敵討ちか「最強を証明していく」

4団体統一は歴代4人だけ、世界のボクシング史に名を刻むか

 一方で、元世界スーパーバンタム級王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)が階級を落として、バンタム級に臨む可能性がある話題について「本当に落とせるんですかね。バンタムでやってないので、現実味がないですよね。現実味のある選手として、さっき2選手を言いました」と説明。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 陣営の大橋秀行会長は「テテとかウーバーリは試合が終わってから、(井上と対戦する)可能性はある。たくさん面白いのがいる」とし、米大手プロモート会社のトップランク社と複数年契約を結んだことには「まだ今後の具体的な話はしていない」と話すにとどめた。

 3団体統一なら日本人初。これまでのボクシング史に4団体統一を果たしたのは、スーパーライト級のテレンス・クロフォード、ミドル級のバーナード・ホプキンスとジャーメイン・テイラー(いずれも米国)、クルーザー級のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)の4人しかいない。来年、井上が現在の王座を保持したままWBC、WBO王者との対戦が実現すれば、4団体統一の可能性が生まれる。

 井上は「しばらくバンタム級に残って、まだまだやりたい選手がいる。スーパーバンタム級が適正階級だと思ったら陣営と相談したい。自分のパフォーマンスが本当に発揮できる階級で臨む。納得できるパフォーマンスを出せる階級でやる。適正階級で戦っていきたい」と展望を描いた。2020年、モンスターが世界の歴史に名を刻みに行くかもしれない。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集