[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、家族で掴んだV 9回ピンチで“初体験”を告白「息子の顔が一瞬よぎった」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝を制したWBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が8日、横浜市内の所属ジムで一夜明け会見を行った。前夜はWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。自身3年半ぶりとなった12ラウンドの死闘を振り返った。

一夜明け会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
一夜明け会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

ドネア戦の死闘から一夜、大橋ジムで会見「一睡もできてない。不思議な感覚」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝を制したWBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)が8日、横浜市内の所属ジムで一夜明け会見を行った。前夜はWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。自身3年半ぶりとなった12ラウンドの死闘を振り返った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

「世代交代」を宣言したバンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。2回にはドネア自慢の左フックを受け、右目上をカットした。ボクサー人生初のアクシデントで流血。5針を縫う激闘から一夜、心境を吐露した。

「眠いです。一睡もできていない。眠いけど、アドレナリンで眠れない不思議な感覚です」と語った尚弥。「ちょこちょこ打たれたので、後頭部にちょっと痛みがある。今までにない体の状態」としながら「心地がいいですね。やっと世界戦をやれた、ボクサーになれたという感じです。傷があって。変な気持ちですね」と独特の表現で充実感をにじませた。

 激闘の裏で家族の支えがおおきかったという。「9回のピンチを乗り越えられたのは、息子(2歳の明波君)の存在が大きい。バチンと効いて、息子の顔が一瞬よぎった。初めてですね。やっぱり家族の存在がボクシングに与える影響はデカいなと」と明かした。「これから家族とゆっくりしながら普通の生活がしたい。平和な日常が戻ってくる嬉しさを噛みしめたい」と笑った。

 セミファイナルでは、弟・拓真(大橋)がWBC同級王座統一戦で正規王者ノルディ・ウーバーリに判定負けした。WBC王座を巡っては、23日(日本時間24日)に米ラスベガスで、前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)と前IBF王者エマヌエル・ロドリゲスが挑戦者決定戦で激突。勝者がウーバーリに挑戦することが基本線だが、井上は試合後のリング上でウーバーリへの敵討ちを宣言した。

 この日も「しばらくバンタム級に残って、まだまだやりたい選手がいる。スーパーバンタム級が適正階級だと思ったら陣営と相談したい」とした上で「自分はウーバーリとやりたい。気持ち的には拓真の敵討ちがしたい」と改めて挑戦状を送った。

 WBA、WBC、IBF、WBOの主要4団体のうち、現在のバンタム級は井上がWBAスーパー、IBFの2団体を保持。WBC王者にウーバーリ、WBO王者にはゾラニ・テテ(南アフリカ)がいる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集