[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ナダル、試合中に過剰なストレスのなぜ? 快進撃も苦悩吐露「言いたいことがある」

ナダル、試合中に過剰なストレスのなぜ? 快進撃も苦悩吐露「言いたいことがある」

テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダルが同64位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-2、6-4、6-1のストレートで下し、8強進出。ナダルらしい超速プレーが大会公式ツイッターに動画付きで紹介されるなど圧巻の戦いぶりを演じているが、プレー中に「過剰なストレス」を抱えているという。英紙「メトロ」が報じた。

全米OP8強進出も抱える苦悩、試合後に明かした胸中「完璧ではないのが実情だ」

 テニスの全米オープンは4日(日本時間5日)、男子シングルス4回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダルが同64位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-2、6-4、6-1のストレートで下し、8強進出。ナダルらしい超速プレーが大会公式ツイッターに動画付きで紹介されるなど圧巻の戦いぶりを演じているが、プレー中に「過剰なストレス」を抱えているという。英紙「メトロ」が報じた。

 ナダルは第1セットで巧みなロブショットに驚異のスピードを繰り出して追いつき、ポイントを奪取。大会公式に紹介され、ファンから「この男は31歳なのか?」と驚嘆を呼ぶなど、完勝劇を演じていた。しかし、100%順調ではないようだ。記事によると、ナダルはストレスを抱えて苦悩しているという。

 試合後、「言いたいことがある」と切り出した世界1位は、こう語った。

「僕は先週、自分でも驚くほど良い状態で練習できていた。トーナメントが始まる1週間前だ。練習中、本当に、とても物凄く高いレベルで練習ができていたんだ」

 しかし、最近はウィンブルドンは4回戦、ロジャーズ・カップは3回戦で敗退。試合はともに「タフだった」と振り返り、その影響で準々決勝敗退したW&Sオープンは本来のプレーができなかったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー