[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、たった一人のキスクラで涙 織田信成氏エール「絶対大丈夫」「笑顔でいて」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯は2日、男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)で4位の宇野昌磨はジャンプにミスが出て136.79点と伸ばせず、合計215.84点で8位に終わった。コーチ不在の今季、たった一人のキス・アンド・クライで涙する瞬間を海外メディアが動画付きで公開していたが、先輩スケーターの織田信成さんは「絶対大丈夫」「笑顔でいてほしい」とエールを送っている。

8位に終わった宇野昌磨【写真:Getty Images】
8位に終わった宇野昌磨【写真:Getty Images】

まさかの8位で涙した宇野、織田さんはSNSでエール送る

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯は2日、男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)で4位の宇野昌磨はジャンプにミスが出て136.79点と伸ばせず、合計215.84点で8位に終わった。コーチ不在の今季、たった一人のキス・アンド・クライで涙する瞬間を海外メディアが動画付きで公開していたが、先輩スケーターの織田信成さんは「絶対大丈夫」「笑顔でいてほしい」とエールを送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 苦しんだ。宇野はSP4位から巻き返しを期したが、ジャンプが不調。2本の3回転アクセルは共に転倒。本来の出来には程遠かったが、それでも最後まで懸命に滑り続けた。

 8位はシニア転向後最低の成績。それでも観客からは「ショーマ」の声援が飛んだ。演技の後、たった1人でのキス・アンド・クライ。思わず感極まった。ガックリうなだれ、顔を上げると頬を涙が伝った。それでも泣き笑いのような表情になって、テレビに向かって気丈に手を振った。

 見ているほうも苦しくなるようなシーンだったが、バンクーバー五輪代表の織田さんはツイッターを更新し、エールを送った。

「絶対大丈夫。応援してくれる人が世界中にたくさんいるねんもん。それって今まで本気でスケートと向き合ってきたからやし、今日の日が無駄じゃなかったって思える日が絶対来るから、笑顔でいてほしいです。。」

 テレビ解説も務めた織田さん。宇野の名前こそ出していないが、後輩へ励ましのメッセージを送ったとみられる。ロシア杯では誰もが“ショーマスマイル”を待っている。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集