[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ナダル大興奮 異次元の“獣ショット”に世界が驚嘆「別の世界から来た存在だ」

ナダル大興奮 異次元の“獣ショット”に世界が驚嘆「別の世界から来た存在だ」

テニスの全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス3回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同59位のレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)に6-7、6-3、6-1、6-4の逆転勝ち。2年連続の16強入りを果たしたが、3時間を超える死闘で、これぞ王者というスーパーショットを披露。大会公式ツイッターが「全員にとって天下一品…しかし、ナダルにとっては普通のこと…」と動画付きで紹介すると、ファンから「獣のようなショットだ」「こんなショットできるのはナダルだけ」と称賛が殺到している。

メイヤー戦に体勢を崩しながら強烈ストレート…ファン「獣のようなショットだ」

 テニスの全米オープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス3回戦で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)が同59位のレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)に6-7、6-3、6-1、6-4の逆転勝ち。2年連続の16強入りを果たしたが、3時間を超える死闘で、これぞ王者というスーパーショットを披露。大会公式ツイッターが「全員にとって天下一品…しかし、ナダルにとっては普通のこと…」と動画付きで紹介すると、ファンから「獣のようなショットだ」「こんなショットできるのはナダルだけ」と称賛が殺到している。

 やっぱり、ナダルはナダルだった。2-1とリードして迎えた第4セット、第1ゲーム。メイヤーはサーブを放つと、すかさず前進。ナダルのレシーブをクロスに打ち返し、がら空きだった相手コートの左サイドを狙った。ナダルにとって絶望的な距離かと思われたが、31歳とは思えない瞬発力を発揮。猛ダッシュでボールに追いつくと、信じられないショットを放った。

 前傾に体勢を崩しながら左手一本で放った強烈なストレートは、ネットの外側を巻くような軌道を描き、ベースラインぎりぎりに決まった。

 これには観客も大歓声。絶体絶命のピンチを一発ではね返した驚異のスーパーショットとなったが、誰よりも熱狂したのはナダル本人だった。左手で渾身のガッツポーズを炸裂。2度繰り返し、感情を爆発させていた。

 熱狂のるつぼに巻き込んだ一打を大会公式もツイッターで速報。「全員にとって天下一品…しかし、ラファエル・ナダルにとっては普通のこと…」と称賛のコメントとともに動画で紹介すると、ファンから驚嘆の声が続々と挙がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー