[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“じゃんけん的展開”に絶対の自信「ドネアの動きを全てインプットした」

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が28日、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に向け、横浜市内の所属ジムで練習を公開。多数の引き出しを持つ両者の予想のつかない展開にも、井上は絶対的自信を見せた。

ドネア戦へ向け調整する井上尚弥【写真:浜田洋平】
ドネア戦へ向け調整する井上尚弥【写真:浜田洋平】

展開の予想がつかないビッグマッチ、井上「大事なのはリングでどう感じるか」

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が28日、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に向け、横浜市内の所属ジムで練習を公開。多数の引き出しを持つ両者の予想のつかない展開にも、井上は絶対的自信を見せた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 モンスターは底知れない自信を溢れさせていた。決戦まで残り10日。報道陣を前に会見し、ドネアの警戒ポイントに「キャリア」を挙げた。「警戒するのは倍以上あるキャリアだけ。そこだけを警戒している。それだけの選手と戦ってきているところのみ。そこは侮れないです」。ピリついた雰囲気もなく、いつも通り冷静に言葉を並べた。

 36歳で40勝(26KO)5敗のドネアと、26歳で18勝(16KO)の井上。相手は自分より2つ多い5つの階級を制してきた百戦錬磨のスーパースターだ。ドネアとは5月のWBSS準決勝、エマヌエル・ロドリゲス戦後にリング上でフェースオフ。8月の決勝発表会見でも、来日した相手と顔を合わせた。「今までのキャリアを感じるオーラ。余裕感だったり、いろいろな場を潜り抜けてきた選手のオーラを感じた」と印象を明かす。

 井上が試合展開の予想について、常々口にするのが「実際に向かい合った時にどう思うか」。リング上で対峙し、距離感、パンチの速さ、軌道など、無数の情報を生で吸収しなければわからないことが多い。この日も「一番大事なのはリングに上がってどう感じるか」と語った。

 いつも対戦相手の対策を練りに練るタイプではない。型にはめると、もしも想定と異なることをされた場合、対応しづらくなるからだ。特に絶対的強さを持つ井上に対し、相手はそれまでの試合で見せなかった“奇襲”を仕掛けてくることがある。初回から猛烈に圧力をかけてきたロドリゲスもそうだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集