[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ダニエル太郎、ナダル撃破の番狂わせならず 世界NO1を苦しめるも悔しい逆転負け

ダニエル太郎、ナダル撃破の番狂わせならず 世界NO1を苦しめるも悔しい逆転負け

テニスの全米オープン男子シングルス2回戦で世界ランキング121位・ダニエル太郎(エイブル)が10・13年大会王者で同1位のラファエル・ナダル(スペイン)に6-4、3-6、2-6、2-6で逆転負けを喫し、初の3回戦進出はならなかった。

全米オープン2回戦…第1セットを奪うも3セットを連取され、初の3回戦進出ならず

 テニスの全米オープン男子シングルス2回戦で世界ランキング121位・ダニエル太郎(エイブル)が10・13年大会王者で同1位のラファエル・ナダル(スペイン)に6-4、3-6、2-6、2-6で逆転負けを喫し、初の3回戦進出はならなかった。

 現在の世界NO1プレーヤーに堂々たる戦いぶりだった。

 試合は第1セットから一進一退の攻防となるが、ダニエル太郎が第9ゲームにブレイク。5-4とリードを奪うと、第10ゲームもデュースの末に取り、ゲームカウント6-4で第1セットを先取する。大会公式サイトも第1セット終了時点で「アップセット警報!」とツイッターに投稿した。

 第2セットの第3ゲームに再びブレイクするも、直後にブレイクバックされ、流れは徐々にナダルへ。第8ゲームもブレイクされて第2セットを3-6で落としてしまうと、第3セットは途中で4ゲーム連取を許すなど2-6。第4セットも劣勢を跳ね返すには至らず、セットカウント1-3で逆転負けを喫した。

 1回戦で全米オープン初勝利を挙げたが、初の3回戦進出はならず。それでも、現在男子テニス界の頂点に君臨するナダル相手に、一歩も引かない気迫とショットを見せたダニエル太郎の姿は、全米のテニスファンの記憶にもしっかりと刻まれたはずだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー