[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田村優、接触で肋骨負傷 痛み止め服用でプレー続行も涙「このチームが大好きなんで」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。司令塔として全5試合に先発出場したSO田村優は前半の接触プレーで肋骨を痛め、痛み止めを服用してのプレーだったことを明かした。

前半に接触で肋骨を骨折していた田村【写真:荒川祐史】
前半に接触で肋骨を骨折していた田村【写真:荒川祐史】

司令塔のSO田村が前半に接触で肋骨を痛めた

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで準々決勝が行われ、日本と南アフリカが4強入りをかけて激突。過去2度の優勝を誇る強豪に対し、日本は健闘及ばず3-26で敗れ、涙をのんだ。司令塔として全5試合に先発出場したSO田村優は前半の接触プレーで肋骨を痛め、痛み止めを服用してのプレーだったことを明かした。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 最後はベンチで敗戦を見届けた。悔しさをこらえようと思ったが、田村は感極まった。「このチームが大好きなんで……。もう試合ができないんだなと思うと」。強気で鳴らす、背番号10はかみしめるように振り返った。

 前半序盤はキックでチャンスを演出する場面もあったが、前半30分過ぎのプレーで相手と接触し、肋骨を痛めた。痛みに耐えてプレーしたが、限界だった。後半8分に松田力也と後退した。

 ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)はこの交代について「肋骨が折れたか、その点をハーフタイムに確認しなければならない。控えを出すのか、その段階でとにかくチャンスを考えて、とどまるべきだと考えた」と明かした。

 さらに田村も、「プレーはできましたけど、(相手の)プレッシャーもありましたし。注射2、3本うった。しゃべるのもきつい状況だったので」と奮い立たせての強行出場だったことを明かした。

 司令塔というポジション上、相手からの厳しいマーク、激しい接触は止むをえないが、日本にとっては大きな痛手になった。

 それでも田村は気丈に振り返った。「間違いなく史上最高で最強の素晴らしいチームであることは間違いない。31人全員が素晴らしいプレーヤー。ただ苦しい時代から、やってきてくれた人たちのおかげだと思います」と先輩達への感謝も忘れなかった。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集