[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「今回の失敗がなければ並外れた1年に…」 松山、プレーオフ第2戦はV予想13番手

「今回の失敗がなければ並外れた1年に…」 松山、プレーオフ第2戦はV予想13番手

米男子ゴルフのプレーオフ第2戦デルテクノロジーズ選手権(TPCボストン)は、9月1日に開幕する。先週のノーザントラストでまさかの予選落ちを喫した松山英樹(レクサス)は、PGAが発表したパワーランクで13位に格付けされている。

ポイントレースで首位陥落、世界ランキングでも3位に後退

 米男子ゴルフのプレーオフ第2戦デルテクノロジーズ選手権(TPCボストン)は、9月1日に開幕する。先週のノーザントラストでまさかの予選落ちを喫した松山英樹(レクサス)は、PGAが発表したパワーランクで13位に格付けされている。

 フェデックスカップ獲得ポイントと賞金ランキングの2部門で1位、プレーオフ第1戦のV本命に推されていた松山にとっては、“低評価”と言えるかもしれない。

 松山はプレーオフ第1戦で初日102位と出遅れ、2日目も4バーディー、3ボギーで通算3オーバー。最終18番で約1メートルの距離を外す痛恨の3パットが響いてカットラインに1打及ばず、71位タイで今季2度目の予選落ちを喫した。

 大会はダスティン・ジョンソン(米国)がジョーダン・スピース(米国)とのプレーオフを制して優勝。通常の4倍となる2000ポイントを獲得し、ポイントレースでもトップに浮上した。松山は同レースで4位にランクダウン、28日に発表された世界ランキングでも2位から3位へと後退している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー