[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

台風接近問題 荒天敗退危機を味わった元W杯V主将が持論「天候で勝敗決定は不公平」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、台風19号の接近で13日の日本―スコットランド戦など決勝トーナメント進出の行方を左右するA組2試合などに影響を与える可能性が浮上している。大会規約では天候不良による中止の場合、スコアレスドローでチーム勝ち点2が付与されるが、1995年大会で荒天による敗退危機を乗り越え、優勝した南アフリカ代表の当時の主将は「天候による勝敗決定はアンフェア」と持論を展開している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

元南アフリカ代表主将のフランソワ・ピナール氏【写真:Getty Images】
元南アフリカ代表主将のフランソワ・ピナール氏【写真:Getty Images】

優勝した95年大会で荒天敗退危機経験、元南アフリカ代表主将ピナール氏が持論

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、台風19号の接近で13日の日本―スコットランド戦など決勝トーナメント進出の行方を左右するA組2試合などに影響を与える可能性が浮上している。大会規約では天候不良による中止の場合、スコアレスドローでチーム勝ち点2が付与されるが、1995年大会で荒天による敗退危機を乗り越え、優勝した南アフリカ代表の当時の主将は「天候による勝敗決定はアンフェア」と持論を展開している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 各国のラグビーメディアもその行方に注目する台風19号。組織委員会も10日正午から台風接近に伴う会見を予定しているが、南アフリカ大会で母国を優勝に導いたフランソワ・ピナール元主将が口を開いた。

「我々は幸運だった。もし、1995年大会に試合が中止になっていたら、我々は規約によって敗退していたんだ。ただただアンフェアに思える。少なくとも結果を出せるように、試合は行われる必要があるだろう」

 記事によると、スコットランドのグラスゴーでイベントに参加したピナール氏はこう語ったという。第3回W杯で初出場となった南アフリカは準決勝でフランス戦い、19-15で勝利。ニュージーランドとの決勝に進んだが、当初、フランス戦は豪雨により中止危機に陥っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集