[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “トップ11”の5選手が不在 どうなる、スター少なき全米OP 波乱の可能性も?

“トップ11”の5選手が不在 どうなる、スター少なき全米OP 波乱の可能性も?

男子テニス世界ランキング2位のアンディ・マレーが26日、左臀部の痛みにより全米オープン(28日開幕)を欠場すると発表した。これでトップ選手5人が大会前に棄権。早くも不穏な空気が流れている。

錦織、ワウリンカ、ジョコ、ラオニッチに続きマレーも…5人目の“負傷者リスト”入り

 男子テニス世界ランキング2位のアンディ・マレーが26日、左臀部の痛みにより全米オープン(28日開幕)を欠場すると発表した。これでトップ選手5人が大会前に棄権。早くも不穏な空気が流れている。

 今大会は右手首負傷の世界ランク10位・錦織圭(日清食品)のほか、左膝を手術した同4位スタン・ワウリンカ(スイス)、右肘負傷の同5位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、左手首負傷のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がすでに欠場を発表。トップ選手に続く形でマレーも棄権の決断を下した。

 これで世界ランクのトップ11のうち、5選手が欠場するという異常事態となっている。

 シーズン後半、しかも夏場にかけてマスターズ1000が2週連続で開催されるなど、過密となっていた日程に対し、ファンから疑問の声も根強かった。錦織が今月中旬に欠場を発表した際には「次は誰が全米オープンの負傷者リストに加わるのか?」と海外メディアも報じていたが、さらに“リスト”は増える形となってしまった。

 果たして、スター少なき全米オープンは、波乱を呼ぶのか。

 ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)のベテラン勢のほか、充実著しい20歳アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)ら若手の躍進にもチャンスが生まれる。それとも、伏兵が出現するのか。

 寂しい顔ぶれを吹き飛ばすような戦いを、28日の開幕から期待したいところだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー