[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ゴルフで悪夢 スイングで右膝負傷&卒倒の異常事態「フットボールで起こる事故」

「不格好に横たわるしかできず」…プレー続行し、最終日出場にも意欲

「私はしばらく不格好に横たわることしかできなかった。私は何をすべきか、私以上に理解している人間を求めた。これが多くの問題を呼び込むとも、注目が寄せられることだとも思っていなかったけどね。僕はそれが大嫌いなんだが、それどころではなかった」

 グローバーはまさかの形で注目を集めたことを、このように回想している。

 また、記事も「あのようなシーンは、ゴルフの大会よりもフットボールで起こるアクシデントだ。医師やキャディー、パートナーのグレーソン・マレーらが続々と彼の周りに集まり、地元の警察までその場に足を運んだ」と記述し、いかに異常事態だったかを述べている。

 しかし、グローバーは勇敢にもそのままプレーした。通算2オーバーの52位で終えたが、最終日もコースに立つ覚悟だという。

「チームドクターは一晩で判断するようだ。しかし、私がプレーをできない理由を探すわけではない。僕は明日もグラウンドに立つだろう。何が起きるか見てみようじゃないか」

 このように話したグローバー。PGAのみならず、米専門メディア「ゴルフ・ウィーク」も「スイングの悪夢により、ルーカス・グローバーは決して無傷ではない。しかし、彼は明日もプレーする予定でいる」と報じるなど、反響が広がっている。

「悪夢」とも評されたグローバーのアクシデント。最終日も、そのプレーを続行できるのか。しかし、本人の闘志は消えていない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集