[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルゼンチンが大勝でC組3位確定、熊谷に“アルゼンチンコール”響く 米は3連敗

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールCではアルゼンチンと米国が激突。世界ランク10位のアルゼンチンが貫録を見せ、47-17で快勝。2勝2敗で2023年W杯の予選が免除されるプール3位が確定した。米国は3連敗。

アルゼンチンは47-17で米国を下した【写真:石倉愛子】
アルゼンチンは47-17で米国を下した【写真:石倉愛子】

アルゼンチンが快勝、次回大会の予選が免除されるプール3位確定

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、埼玉・熊谷ラグビー場でプールCではアルゼンチンと米国が激突。世界ランク10位のアルゼンチンが貫録を見せ、47-17で快勝。2勝2敗で2023年W杯の予選が免除されるプール3位が確定した。米国は3連敗。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 決勝トーナメント進出の可能性のなくなった両チームの対戦。それでも熊谷には満員2万4377人のファンが詰めかけ、両国のコールが鳴り響いた。

 試合の主導権を握ったのはアルゼンチンだ。前回大会では4位に入った強豪だが、今大会は“死の組”に入り、イングランド、フランスに敗れ予選敗退が決定。それでもティア1の実力を発揮した。

 前半18分にSOサンチェスが先制トライを決めると、24分、30分にはFBトゥクレが立て続けにトライを奪い引き離す。

 前半を19-5で折り返すと、アルゼンチンは後半も開始からエンジン全開。3分、8分にWTBマリアがトライを奪い一気に突き放した。その後も攻撃の手を緩めずトライを重ね、快勝した。

 初勝利を目指した米国だったが、アルゼンチンの素早い展開に翻弄され、大量失点を喫して3連敗となった。

 C組はイングランドとフランスの突破がすでに決まっており、アルゼンチンは勝ち点11で3位。勝ち点0の米国は最終戦(13日)で、勝ち点1のトンガと初勝利をかけて対戦する。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集