[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯を見てラグビーを始めたくなった子供たちへ… “鉄人”大野均が入門本を監修

1次リーグが最終週を迎え、佳境を迎えているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。日本は破竹の3連勝で目標の決勝トーナメント進出に王手をかけている。格上とされるチームに怯むことなく立ち向かう日本代表の姿や、オールブラックスやイングランドなど世界を代表するスター選手の活躍を見て、これからラグビーを始めてみたいと思う子供たちも多いのでは。そんな子供たち、そして子供にラグビーを教えたいと思っている大人たちに捧げた本がある。それが、“ラグビー界の鉄人”大野均(東芝ブレイブルーパス)が監修した入門本「はじめてのラグビー」だ。

大野均はラグビー入門本「はじめてのラグビー」を監修した
大野均はラグビー入門本「はじめてのラグビー」を監修した

歴代最多の日本代表通算キャップ数98を誇る大野が監修する「はじめてのラグビー」

 1次リーグが最終週を迎え、佳境を迎えているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。日本は破竹の3連勝で目標の決勝トーナメント進出に王手をかけている。格上とされるチームに怯むことなく立ち向かう日本代表の姿や、オールブラックスやイングランドなど世界を代表するスター選手の活躍を見て、これからラグビーを始めてみたいと思う子供たちも多いのでは。そんな子供たち、そして子供にラグビーを教えたいと思っている大人たちに捧げた本がある。それが、“ラグビー界の鉄人”大野均(東芝ブレイブルーパス)が監修した入門本「はじめてのラグビー」だ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 歴代最多の日本代表通算キャップ数98を誇る大野だが、生まれ育った福島では高校生まで野球部に所属。ラグビーを始めたのは、日本大学工学部に進学してからという遅咲きの選手だ。身長192センチ、体重105キロの恵まれた体格に加え、類い稀なる運動神経を誇るだけに、ラグビー界で頭角を現すまで時間は掛からなかった。大学卒業後に東芝に入社すると、2004年には日本代表初選出。2007年から3大会連続でW杯出場を果たしている。

 その大野がラグビーの魅力、日々の練習法、試合への心構えなど、ラグビーに興味を持った子供たちに伝えたい思いが詰まった1冊。ルールが分かりにくいと思われがちなスポーツだが、基本は「チーム全員でボールを前に運ぶ」というシンプルなもの。基本のルールから得点の種類、ポジションの解説、主な反則などが、大野のアドバイスとともに分かりやすく解説されている。

 今回のW杯をきっかけにラグビーを始めた子供たちが将来、桜のジャージーを身につけてW杯の舞台に立つ可能性も十分。少しでも多くの子供たちにラグビーの楽しさを知ってもらいたい、という大野の思いがこもった1冊だ。

○「はじめてのラグビー」
監修:大野均(東芝ブレイブルーパス)
協力:ブレイブルーパス府中ジュニアラグビークラブ
定価:1500円(税別)
発行:(株)世界文化社

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集