[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田村は2部門でトップ “トライ王”松島の攻撃面での貢献度…数字に見る日本の好調ぶり

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は7日、試合が行われない。日本はサモアに38-19で勝利し、開幕3連勝。悲願の決勝トーナメント進出へ大きく前進した。運命のスコットランド戦は13日。横浜国際総合競技場で激突する。

日本代表の田村優【写真:荒川祐史】
日本代表の田村優【写真:荒川祐史】

スタッツから見る日本選手の貢献度

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は7日、試合が行われない。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 日本はサモアに38-19で勝利し、開幕3連勝。悲願の決勝トーナメント進出へ大きく前進した。運命のスコットランド戦は13日。横浜国際総合競技場で激突する。

 1次リーグも佳境を迎えているが、今大会のここまでのスタッツでは日本勢が上位を独占している。

 まず得点部門でトップに立つのは、SO田村優だ。ここまで40得点で、2位のジョーディー・バレット、リッチー・モウンガ(ともにニュージーランド)の26得点に大きく差をつけている。

 トライ部門でもトップはWTB松島幸太朗だ。ここまでロシア戦で3トライのハットトリック、サモア戦でもボーナスポイントを引き寄せる後半44分の価値あるトライを決め、計4トライ。フリアン・モントジャ(アルゼンチン)と並んでトップに立っている。松島はクリーンブレイク(タックラーに触らせずに抜け出した回数)の項目でも3位につけている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集