[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3連勝の夜、4万人が姫野和樹の名を叫び続けた 日本のNO8を成長させた「濃い2年間」

地元・愛知の声援に答える姫野【写真:荒川祐史】
地元・愛知の声援に答える姫野【写真:荒川祐史】

フィールド外では読書家、全てはラグビーのために

 自分より年上のチームメートたちに認めてもらい、トヨタの“顔”として外に出ても恥ずかしくないキャプテンになるために――。姫野は人としての引き出しを増やすため、本を読んだ。最初は「海賊と呼ばれた男」(百田尚樹著)。この1冊をきっかけにリーダーシップ論について説く本や自己啓発本、小説などジャンルは問わず読書を続けている。最近読んでいるのは、同じく百田氏著の「日本国紀」だ。これを選んだ理由は、ある人物のアドバイスからだった。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

「代表チームにいるメンタルコーチが『己を知る、先祖を知ることが強さに繋がる』という話をしていたんです。日本人はどういう種族なのか、どうして日本人の勤勉さや真面目さ、礼儀正しさが生まれたのか、どういう歴史が背景にあるのか。それを考えた時に『日本国紀』という本がいいかなと思って読んでいます。日本人は昔から続く育ち方や文化があるから、今の強さに繋がっていると思うと、すごく誇らしく思うし、もっと強くなった気がしますね」

 日本人であること、日本が持つ文化を誇りに思う姫野は、ラグビーの文化もまた愛してやまない。「本当にラグビーというスポーツが面白いって純粋に思いますし、ラグビーの文化が好き。仲間を大切にするとか、規律を守るとか、相手をリスペクトするとか、そういったことを公言しているスポーツはなかなかないと思います」。

 1次リーグ敗退が決まったサモア。この日の試合直後、4万大観衆のわずか一画を埋めたサモアファンの元へ、両チームの選手たちは向かった。そろって日本文化のお辞儀。この光景に日本のファンからも惜しみない拍手が注がれ、健闘を称え合った。

 最高の結果で終えたジャパン。悲願の8強へ、天王山は13日のスコットランド戦となる可能性が高い。日本の屋台骨となる25歳は大きな胸板を、さらに膨らませた。「必ず勝ちたい、というか勝ちます。全勝でいい流れを保って決勝トーナメントにいきたい。やることは変わらない。自分たちにフォーカスしてやるだけなんで」。頼れる男の背中は、夢舞台で一層大きく成長していく。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集