[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、二塁手がそこにいるのか… 広すぎる守備範囲で美技“横取り”にファン唖然

なぜ、二塁手がそこにいるのか… 広すぎる守備範囲で美技“横取り”にファン唖然

米大リーグで広すぎる守備範囲でスーパーキャッチを繰り出した二塁手が出現。遊撃手のファインプレーを“横取り”する超美技となり、MLB公式ツイッターは動画付きで紹介。「オレの守備範囲だ」と驚きをもって伝え、実況&ファンも唖然として反響を呼んでいる。

パイレーツ・ハリソン、遊撃への打球にスーパーダイブ…MLB公式称賛「オレの守備範囲だ」

 米大リーグで広すぎる守備範囲でスーパーキャッチを繰り出した二塁手が出現。遊撃手のファインプレーを“横取り”する超美技となり、MLB公式ツイッターは動画付きで紹介。「オレの守備範囲だ」と驚きをもって伝え、実況&ファンも唖然として反響を呼んでいる。

 なぜ、二塁手がそこにいるのか。そう思いたくなるようなプレーを演じたのは、パイレーツの二塁手、ジョシュ・ハリソン内野手だ。

 23日(日本時間24日)のドジャース戦、4回の守備だった。1死一、二塁のピンチで右打者フォーサイスは強烈なピッチャー返しを放った。投手のウィリアムズの体を三塁側から抜けるように打球は二遊間の遊撃寄りにセンター方向へ。ここで飛びついたのが、二塁手のなんとハリソンだ。

 後方で遊撃手がダイブする目前で体を精いっぱい伸ばし、左手のグラブでダイビングキャッチしたのだ。その場所はほぼ遊撃定位置。しかも驚きのプレーはこれで終わらない。すぐさま膝をついたまま一塁へ送球。送球体勢が取れていないにもかかわらず、白球は矢のような力強い軌道を描き、一塁を悠々とアウトにしてみせた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー