[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

連日掲載「世界のスゴ技」 これぞNZ、197cm巨体が消える“高速ステップ”でトライ

連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。「世界のスゴ技」と題し、W杯で生まれたスーパープレーを動画付きで紹介する。今回はニュージーランド代表CTBソニービル・ウィリアムズが決めた“高速ステップ”からのトライだ。

トライを決めたニュージーランド・オールブラックスのソニービル・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
トライを決めたニュージーランド・オールブラックスのソニービル・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

ヘビー級ボクサーの経歴を持つ異色の超人ソニービル・ウィリアムズの豪快トライ

 連日に渡って盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。各国のトップ選手が世界一を目指し、熱戦を繰り広げているが、「これぞW杯」という魅惑のテクニックも飛び出している。「世界のスゴ技」と題し、W杯で生まれたスーパープレーを動画付きで紹介する。今回はニュージーランド代表CTBソニービル・ウィリアムズが決めた“高速ステップ”からのトライだ。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 この巨体であんな動きができるのか。14-0でオールブラックスリードの前半17分。敵陣残り約10メートルでウィリアムズがパスを受けた。目の前には敵が一人。パスモーションに入り、左に展開すると思われた次の瞬間だった。

 身長197センチ、体重111キロの巨体が敵の視界から消える。逆方向に素早いステップで切り返し、目の前にいた相手を置き去りにして抜き去った。襲い掛かってきた他の相手ディフェンスを引きずりながら、腕を伸ばしてインゴールへトライ。勢いを増したチームは、この日9トライを奪って63-0で圧勝した。

 34歳のウィリアムズは、ヘビー級のプロボクサーとして二足の草鞋を履いていた異色の経歴を持つ。2013年にはWBAインターナショナルヘビー級タイトルマッチでタイトルを獲得。常識を覆す超人がリングだけでなく、フィールドでも輝きを放った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集