[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外男子ゴルフ、「最高潮」の若手に“リーダー”松山あり 米メディアが牽引ぶり称賛

海外男子ゴルフのPGAツアーはレギュラーシーズンが終わり、プレーオフシリーズに突入する。今季は4つのメジャー大会のうち、全米オープン(ブルックス・ケプカ/27歳)、全英オープン(ジョーダン・スピース/24歳)、全米プロゴルフ選手権(ジャスティン・トーマス/24歳)で20代の選手が優勝。世界ランキングでも上位12人中8人が30歳以下と“若手”が勢力を伸ばしているが、米テレビ局「CBSスポーツ」は「PGAの若手の勢いが最高潮」とスポットを当てるなかで、日本の松山英樹(レクサス)を称賛している。

世界ランキング上位12人中8人が20代、「PGAの若手の勢いが最高潮」

 海外男子ゴルフのPGAツアーはレギュラーシーズンが終わり、プレーオフシリーズに突入する。今季は4つのメジャー大会のうち、全米オープン(ブルックス・ケプカ/27歳)、全英オープン(ジョーダン・スピース/24歳)、全米プロゴルフ選手権(ジャスティン・トーマス/24歳)で20代の選手が優勝。世界ランキングでも上位12人中8人が30歳以下と“若手”が勢力を伸ばしているが、米テレビ局「CBSスポーツ」は「PGAの若手の勢いが最高潮」とスポットを当てるなかで、日本の松山英樹(レクサス)を称賛している。

 男子ゴルフ界は、世代交代の時期に差し掛かっていると言えるかもしれない。

 2016年終了時点の世界ランキングで上位12名中6人が30代だったのに対し、現在は12人中4人と20代の占有率がアップ。米テレビ局「CBSスポーツ」は、「『経験のスポーツ』と言われる中で特筆すべき数字だ」とこの傾向に着目している。

 特集では、今年の全英オープンを制してグランドスラムに王手をかける世界ランク3位のスピース、同4位のロリー・マキロイ(英国/28歳)が、2人でメジャー通算優勝回数が7回にのぼることを紹介。続けて、7位のJ・トーマス、8位のジョン・ラーム(スペイン/22歳)、9位のジェイソン・デイ(オーストラリア/29歳)、10位のリッキー・ファウラー(米国/28歳)、12位のブルックス・ケプカ(米国/27歳)の5人が、2017年だけでトップ10入りを合計34回果たしているデータを示し、20代の選手の躍進ぶりを伝えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集