[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボーナス11億円の行方は? 米メディアが年間王者予想、日本のエース松山が候補浮上

海外男子ゴルフは、フェデックスカップ・ポイント上位30名のみが参加できるPGAツアー最終戦、ツアーチャンピオンシップ(イーストレイクGC)開幕を9月20日に控える。現在ポイントランキングトップの松山英樹(レクサス)は、大会終了時点で首位をキープできれば、1000万ドル(約11億円)の“ビッグボーナス”を手にすることができる。米ゴルフ専門メディア「ゴルフ.com」では、年間トップを争うレース模様を特集。全米プロゴルフ選手権で“涙のV逸”を味わった松山の、怒涛の挽回を予想する声が挙がっている。

ポイントレース首位に輝いた「年間王者」、11億円の“ビッグボーナス”を獲得

 海外男子ゴルフは、フェデックスカップ・ポイント上位30名のみが参加できるPGAツアー最終戦、ツアーチャンピオンシップ(イーストレイクGC)開幕を9月20日に控える。現在ポイントランキングトップの松山英樹(レクサス)は、大会終了時点で首位をキープできれば、1000万ドル(約11億円)の“ビッグボーナス”を手にすることができる。米ゴルフ専門メディア「ゴルフ.com」では、年間トップを争うレース模様を特集。全米プロゴルフ選手権で“涙のV逸”を味わった松山の、怒涛の挽回を予想する声が挙がっている。

 レギュラーシーズン最終戦のウィンダム選手権は、世界ランキング6位のヘンリク・ステンソン(スウェーデン)が通算22アンダーで優勝。2016年の全英オープン覇者でもある41歳は、終盤戦に調子を上げ、ポイントランキングでも75位から23位へと大きくジャンプアップを果たした。

 記事では、「ヘンリク・ステンソンはウィンダムで優勝し、勢いをもってプレーオフに突入することになった。ヒデキ・マツヤマがポイントでリードする中、誰が1000万ドルの小切手をゲットするのか? その理由は?」とテーマを立て、識者4人が回答している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集