[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界的名将が教えるW杯の“見方” 忖度なしの日本の可能性「本物の期待感がある」

NZの強みはラグビーの“直観力”、対して南アフリカは天性のアスリート揃い

――では大会全体についてですが、見どころや注目チームの特長を教えてください。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「ラグビーを見たことない人なら、チームというよりラグビーの面白さを感じてほしい。体の大きな人から、背の低い人、細い人、足の速い人、遅い人、そういった様々な個性の選手たちが、体を鍛えあげて、パワーやスピード、コンビネーションという面で鎬を削る。体をぶつけ合いながらも前進する。そういったダイナミックさを見てほしいですね。選手たちが作り出す化学反応や精神性、そういったものを楽しんでほしい。

 注目チームでは、3連覇に挑むニュージーランド(NZ)代表ですが、選手は全員が小さい頃からラグビーの中で育ってきています。ラグビーの素晴らしい要素すべてを持っているのがNZです。彼らの持つプレーの“直観力”はすごいですね。

 南アフリカには、彼らの歴史を紡いできた独特の特長がある。具体的には、体の大きさやインテンシティー(強度)が特長です。そして、とてつもないアスリートがいるチームです。ホームネーションズと呼ばれるイングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの4か国は、意図的に組み立てたゲームをしてくることが特長。彼らは相手が嫌がることを厭わない。そういった嫌らしさを兼ね備えているのです。

 そしてオーストラリアは、いつも見る者を楽しませてくれる。何をしてくるか読みづらいところがあるが、2回の優勝という素晴らしい実績もある。フィジー、サモア、トンガという南太平洋諸国は、フィジカルでパワフルなアスリートがたくさんいるのが特長です。不安定さはあるけれど、対戦するのは厄介な相手です」

――混戦と指摘しますが、これまでの南半球優位という状況は崩れるのでしょうか?

「もちろんそういう可能性はあります。それを裏付けるのが世界ランキングです。アイルランドが1位になり、イングランドが上位にいるなど北半球勢が躍進をみせている。世界ランクの計算方法にも疑問の声があるが、それを抜きにしても拮抗しているのは間違いない。南アは昨年NZに勝っているし、イングランドはアイルランドから50点以上奪って勝った。ランク1位になっている国に勝っているチームがいることも、いまの状況をよく示していると思います」

――最後に、もしプール戦で1試合チケットを貰えるとすれば、どのカードを希望しますか?

「1試合かい? うーん、NZ-南アフリカですね。オーストラリア-ウェールズもいいね」

ロビー・ディーンズ
1959年9月4日、ニュージーランド・カンタベリー州シャビオット出身。現役時代はFB、SOでプレーして、83年にニュージーランド代表入り。通算5キャップ。強豪クルセイダーズ監督として2000、02、05、06、08年にスーパーラグビーを制覇。02年にはニュージーランド最優秀コーチ賞を受賞。世界屈指の指導者と称された。01-03年にニュージーランド代表アシスタントコーチ、08-13年にはオーストラリア代表監督。14年からパナソニック監督。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集