[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥川恭伸、「18K」の全奪三振ショーをWBSCが公開 海外驚愕「新たな日本の怪物」

18歳以下の世界一を決める「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参戦中の野球日本代表「侍ジャパン」は5日、スーパーラウンドの初戦カナダ戦で、ドラフト1位候補右腕の奥川恭伸投手(星稜)が今大会初登板初先発。

カナダ戦に先発登板した奥川恭伸【写真:Gettty Images】
カナダ戦に先発登板した奥川恭伸【写真:Gettty Images】

WBSCが奥川の全18Kを動画で公開「KKKKKKKKKKKKKKKKKK(18)」

 18歳以下の世界一を決める「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参戦中の野球日本代表「侍ジャパン」は5日、スーパーラウンドの初戦カナダ戦で、ドラフト1位候補右腕の奥川恭伸投手(星稜)が今大会初登板初先発。7回18奪三振、2安打1失点とまさに圧巻の投球を見せつけた。WBSCも奥川の奪三振ショーを動画つきで公開。快刀乱麻の投球に国内外のファンから感嘆の声が上がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 奪三振ショーとはこのことだ。21アウトのうち18個が三振。奥川のストレートに、スライダーに、フォークに、カナダの打者のバットがくるくると回り続けた。

 初回、先頭打者を高めの真っすぐで空振り三振に切って取ると、奥川劇場が始まった。続く打者は落差抜群のスライダーで、3つ目は再び高めの威力あるストレートで初回3K。2回までの6アウトをすべて三振で奪った。

 そして5回1死からは6連続三振。一発こそ浴びたが、7回で18Kを奪い、逸材ぶりを証明した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集