[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、10分間で痛感した世界との差 ミス連発の第1Qに悔い「正直、若さが出た」

悔やまれる第1Q「彼らは僕たちよりも経験がありました」

「彼らは僕たちよりもいいプレーを40分間していた。トルコはいいチーム。彼らはきっちりやるべきことを成し遂げたけど、僕たちはそれができなかった。でも、これは僕たちにとっていい学びの経験になると思う。ここから学ばなければいけないし、前進し続けなければいけない」

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 過去のW杯で欧州勢に7戦未勝利だった日本は、初勝利を逃す結果となった。悔やまれるのは、やはり第1Q。公式会見でも「どのクォーターがチームにとって最も難しかったか?」の問いに、渡邊は英語で返答した。

「第1Qだと思います。常にスタートは難しいものです。僕や多くの選手にとって初めてのW杯ですし、彼ら(トルコ)は僕たちよりも経験がありました。彼らはなすべきことを理解していましたが、僕たちは何をするべきか理解しようと試みていた。それにより、彼らは僕たちを相手に20点くらい離してきました。なので第1Qだと思います」

 歴史を変える戦いは始まったばかり。次戦は3日に世界ランク24位のチェコ、5日に同1位の米国と対戦し、上位2か国が2次リーグに進出。下位2か国は順位決定戦に回る。「(トルコは強いが)コートに入ったらNBAだろが、他の所属も関係なく、日本代表としてプレーすると心掛けていた。向こうの方が一枚も二枚も上手だった。大会も始まったばかり。負けても試合は続く。しっかりとチェコ戦に備えたい」と懸命に前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集