[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁15得点、苦しんだ徹底マーク 悔しさ露わ「初めてのW杯で世界の強さ感じた」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は1日、同17位のトルコと初戦(上海・東方体育中心)を行い、67-86で黒星スタートとなった。この日午前の公式練習を発熱で回避した八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、徹底マークに遭って15得点と封じられた。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

試合後のインタビュー「僕がやりにくいプレーしてきていた」

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)に出場している世界ランク48位の日本は1日、同17位のトルコと初戦(上海・東方体育中心)を行い、67-86で黒星スタートとなった。この日午前の公式練習を発熱で回避した八村塁(ウィザーズ)は先発出場し、徹底マークに遭って15得点と封じられた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 日本は八村のほか、NBAグリズリーズの渡邊雄太、ファジーカス・ニック、篠山竜青、比江島慎が先発。開始19秒で渡邊がファーストシュートを放ったが、失敗に終わると、リバウンドを奪われて34秒に先制点を許した。その後もパスミスやボールロストなど浮足立つ姿が目立つ。2分22秒にファジーカスの3ポイントシュートでようやく初得点。しかし、シュートの精彩を欠いた日本は差を縮められず、第1クオーター(Q)終了時点で12-28の大差を付けられた。徹底マークを受けた八村の得点はフリースロー4本のみだった。

 第2Qに入ってもトルコの高精度の3ポイントシュートがリングに突き刺さる。八村は第2Q終盤にコート下でボールを受けて得点。さらに残り39秒には自らスティールすると、豪快なダンクを叩き込んで咆哮。大迫力のプレーにスタンドから大歓声が上がった。会場はトルコよりも日本人のファンが多く、渡邊の3ポイントシュートが決まった時には現地ファンも歓声を上げるなど日本を応援する声が大きい。しかし、トルコのNBA選手の一人、SGフルカン・コルクマズ(76ers)のダンクにもどよめきが起きるなど盛り上がりを見せた。

 第2Qは23-19で4点を追い上げ、35-47で前半を終了。第3Q、最大18点差からの逆転を狙う日本だったが、八村がシュート体勢に入れば2人以上が壁になった。PGに篠山と田中大貴を交互に起用するが、なかなかリズムをつかみ切れない。対するトルコは速攻と冷静なボール運びを使い分け、一時21点差をつけられた日本は49-67で最終Qに突入した。最終Q、田中のバスケットカウントなどで盛り返すが、直後にコルクマズにダンクを決められた。ベンチにいた八村が残り7分20秒で復帰し、追い上げを図る。しかし、終始リバウンドで優位に立てず、序盤の大差が響いて勝利には届かなかった。

 チーム最多15得点と奮闘しながら敗れ、八村は「僕にとって初めてのW杯で、世界の強さを感じられた」と第一声。「僕らとしても100%やってない。オフェンス、ディフェンスもリズム乗らない中でやっていた」と唇を噛んだ。徹底マークを受けたことについては「明らかにそういうディフェンスをしてきていた。相手も勝つ気で来ているし、スカウティングもしっかりしている。僕がやりにくいプレーしてきた」と受け止め、さらに「僕らもしっかりと作戦を立ててやらないと」とチーム全体としての修正を課題に挙げた。

 それでも、1次リーグの戦いは続く。「これもトーナメントなので、しっかり切り替えて(3日の)チェコ戦に臨まないと。トルコみたいなチームと予想している。しっかりと切り替えて僕らができること、直せるところは直したい」と決意を新たにした。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集