[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、「涙のV逸」の裏で… 大健闘の「通算20アンダー」とは?

松山、「涙のV逸」の裏で… 大健闘の「通算20アンダー」とは?

男子ゴルフの世界ランキング2位・松山英樹(レクサス)は全米プロゴルフ選手権で最終日に一時首位に立ちながら、逆転でV逸。5位に終わり、悔し涙を流していたが、今季の四大メジャーで大健闘の数字を残している。欧州ツアーが公式ツイッターで紹介している。

今季四大メジャー通算スコアで堂々2位、非優勝選手で最上位…欧州ツアーが紹介

 男子ゴルフの世界ランキング2位・松山英樹(レクサス)は全米プロゴルフ選手権で最終日に一時首位に立ちながら、逆転でV逸。5位に終わり、悔し涙を流していたが、今季の四大メジャーで大健闘の数字を残している。欧州ツアーが公式ツイッターで紹介している。

 涙で終わった松山の四大メジャー最終戦だったが、堂々と世界に誇れる結果を残していた。

 欧州ツアーは「四大メジャーの予選通過者で最もロースコアを記録した選手」としてトップ5を公式ツイッターで紹介。四大大会の通算スコアで松山は首位と1打差の2位に入った。

 初戦のマスターズは11位の1アンダー、続く全米オープンは2位の12アンダー、全英オープンは2アンダーで、先の全米プロゴルフ選手権は5アンダーで通算20アンダーをマークしている。

 1位は全米オープンを制したブルックス・ケプラ(米国)の通算21アンダーで、全英オープンを制したジョーダン・スピース(米国)は10アンダーの5位。非優勝選手では最上位となり、いかに松山が大舞台で安定した成績を残しているかが見て取れる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー