[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

少年野球世界大会で物議 HR被弾の投手が打者とハイタッチ 米賛否「くだらない友情」

米国で行われている野球のリトルリーグ・ワールドシリーズで本塁打を打たれた投手が、打った打者に対して敬意を示し、ハイタッチを求めに行くというシーンが発生。米スポーツ専門局「ESPN」は「スポーツマンシップの全て」と称賛して動画付きで公開したが、米ファンは「参加賞トロフィーが存在する意味がある」「くだらない友情はやめるべき」「彼らに競争の意味を教えるべき!」と賛否が分かれている。

ホームラン後の一コマに賛否両論【写真:AP】
ホームラン後の一コマに賛否両論【写真:AP】

リトルリーグWSで生まれた一幕に反響、ESPNは「スポーツマンシップの全て」と称賛

 米国で行われている野球のリトルリーグ・ワールドシリーズで本塁打を打たれた投手が、打った打者に対して敬意を示し、ハイタッチを求めに行くというシーンが発生。米スポーツ専門局「ESPN」は「スポーツマンシップの全て」と称賛して動画付きで公開したが、米ファンは「参加賞トロフィーが存在する意味がある」「くだらない友情はやめるべき」「彼らに競争の意味を教えるべき!」と賛否が分かれている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 話題を呼んでいるのはリトルリーグ世界一を決めるワールドシリーズで、16日に行われたニューイングランド代表(米国)とサウスイースト代表(米国)の一戦だった。5回のサウスイーストの攻撃。ニューイングランドの右腕アレックス・アンダーソンが投じた外角低めの速球をブレイディ・イェーツが豪快にフルスイング。大きなアーチはそのまま右中間席の最深部に突き刺さった。

 MLB選手顔負けの豪快な一発に球場は大盛り上がり。ベンチの選手も飛び出して喜んでいるが、興奮したのは打たれた投手も一緒だった。ダイヤモンドを一周するイェーツが三塁を蹴ると、投手のアンダーソンが駆け寄り、グラブを差し出した。同じ米国勢同士、打たれてもすがすがしかったのだろう。打者とハイタッチを交わし、にこやかな表情でマウンドに戻っていった。

「ESPN」公式ツイッターは実際のシーンを動画付きで公開。「ホームランの後でも、選手たちはスポーツマンシップの全てを見せた」とし、子供たちのフェアプレーと評した。しかし、目の当たりに米ファンからはコメント欄で「ここに参加賞トロフィーが存在する意味がある」「この少年たちとても微笑ましい」「こんなに和むものない」という称賛の一方、厳しい声も上がっている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集