[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁が分析、“BIG3”の課題は100点超の失点「僕が思うのはディフェンスでもっと」

バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は14日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(カルッツ川崎)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。

SFで先発出場した八村塁【写真:荒川祐史】
SFで先発出場した八村塁【写真:荒川祐史】

渡邊雄太、ファジーカスの豪華共演も不発、八村は課題を冷静に分析

 バスケットボール世界ランク48位の男子日本代表は14日、同38位のニュージーランド代表との強化試合(カルッツ川崎)を行い、米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁がSFで先発出場。八村が両軍最多の19得点、9リバウンドを記録するなど、日本の誇る“ビッグ3”が競演したが、日本は87-104で敗れた。3ポイントシュートだけで39点を奪われるなど、大量失点で格上相手に連勝とはならなかった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 八村、渡邊雄太、ファジーカス・ニック、篠山竜青、田中大貴が先発。NBAグリズリーズとツーウェー契約を結ぶ日本人2人目のNBAプレーヤー・渡邊は、右足首負傷から復帰し、10分限定で出場した。身長203センチの八村、206センチの渡邊、210センチで元NBAプレーヤーのファジーカスの“ビッグ3”が競演。しかし、序盤から失点を許し、攻撃でも精彩を欠く展開が続いた。八村はこう振り返る。

「チームではちょっと悪くて、前半切り替えて後半に入ったが、相手もワールドカップも出場している強豪国の一つ。中では止められず、今日は負けてしまったが、これから頑張りたい。相手もやっぱり、そこらへんのチームじゃない。前回よりも厳しいマークをしてきた」

 99-89で勝利した12日のニュージーランド戦とは対照的な結果。ファンが待ち望んだビッグ3の攻撃力に期待が集まる中、八村は「皆さんが注目するのはオフェンスだと思いますけど、僕が思うのはディフェンスでもっと影響を与える3人だと思う」と言い切る。過去の日本にはなかったサイズがそろうチームの課題は守り。しかも、それは連携面ではないという。

「システムというか1対1で負けている。カバーできないというよりか、カバーしようのない抜かれ方をして、チームとしてディフェンスが回っていかない。しっかりやらないといけない」

 組織の問題ではなく個の問題であると強調。自身はNBAデビューはしていないとはいえ、世界最高峰の舞台を踏む実力がある選手が3人いる。その中でまずは個の力で相手に勝ちつつ、チーム力を高めることを課題としているようだ。

 世界ランクで格上のニュージーランドにとっても、W杯に向けて連敗は避けられないところで意地を見せてきた。特に前回35得点と大暴れした八村へのマークは、より一層厳しくなった。八村も「今回の試合では全然違った。相手も前回より当たりが強くなっていた」と説明。「ディフェンスでもだし、リバウンドでも当たり負けしている。負けないで強くどんどん当たらないといけない」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集