[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山のスイングに名手ニクラスやウッズと共通点 米専門家が分析「皆同じフォーム」

松山のスイングに名手ニクラスやウッズと共通点 米専門家が分析「皆同じフォーム」

男子ゴルフ世界ランキング3位の松山英樹(レクサス)は、10日に開幕する全米プロゴルフ選手権で悲願のメジャー初制覇に挑む。世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で最終日に大会レコードタイとなる「61」をマークした「ヒデキ・チャージ」で海外メディアからも大きな注目を集めたが、有名ゴルフアナリストは松山のスイングに着目し、歴代の名手たちと「同じフォームだ」と分析している。

ゴルフアナリストのシャンブリー氏、インパクト時の頭の位置とあごの向きに着目

 男子ゴルフ世界ランキング3位の松山英樹(レクサス)は、10日に開幕する全米プロゴルフ選手権で悲願のメジャー初制覇に挑む。世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で最終日に大会レコードタイとなる「61」をマークした「ヒデキ・チャージ」で海外メディアからも大きな注目を集めたが、有名ゴルフアナリストは松山のスイングに着目し、歴代の名手たちと「同じフォームだ」と分析している。

 選手の目線から松山の快進撃を分析したのは、元プロゴルファーで現在はゴルフアナリストを務めるブランデル・シャンブリー氏だ。

 1998年にPGAツアーのグレーター・バンクーバー・オープンで優勝するなど、プロ通算4勝を挙げた同氏は、自身の公式ツイッターで松山のスイングについて解説した。

「インパクトの際の頭の位置、このようにボールの後ろにあごを向かせるのは、ベストプレーヤーの間でとても一般的な特徴だ。それは今も変わらない」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー