[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、最新PFPでロマチェンコ超え2位浮上 米メディア「相手にとっての恐怖は…」

 ボクシングのWBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)。WBSSの決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決戦を迎える。5月の準決勝エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦では衝撃の2回KO勝ち。再び評価を高めていたが、米メディアでは最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表し、2位にランクアップさせている。いよいよ1位が視界に入ってきた。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米専門メディアが7月のPFP発表、7試合で4人の新旧世界王者撃破の実績評価

 ボクシングのWBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)。WBSSの決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決戦を迎える。5月の準決勝エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦では衝撃の2回KO勝ち。再び評価を高めていたが、米メディアでは最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表し、2位にランクアップさせている。いよいよ1位が視界に入ってきた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 無敗の王者ロドリゲスを完封してから1か月以上が経過。今秋に予定されるドネアとのファイナルへ向けてすでに練習を再開しているが、そんなモンスターに朗報が舞い込んできた。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は7月に入り最新のPFPを発表。ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を抜いて2位に井上をランクアップさせている。

 記事では改めて過去の戦績を振り返った上で、まだ底を見せていない部分を高く評価。「将来の対戦相手にとって恐怖なのは、彼がまだキャリアのピークに差し掛かったばかりだということだ」とさらに強くなる可能性にも触れた上で、井上のここ最近の7試合の相手のうち4人が現もしくは元タイトル保持者だと紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集